出席 環境省地球温暖化対策技術開発成果発表会

 環境省地球温暖化対策技術開発成果発表会
 JR総武線市ヶ谷駅徒歩5分 10年1月13日(水)出席
 アルカディア市ヶ谷 
 ◆環境省は、エネルギー起源の二酸化炭素の排出を抑制する温暖化対策技術の開発について、民間企業等から提案を公募し、事業の成果について広く情報提供を行うために成果発表会を開催した。


画像
《 会場は旧私学会館で間口の地味な割に中は生花などがあり豪華 10.1.13撮影 》

(1) 家庭用ソーラーシステムの普及拡大に関する技術開発
                                        (株)サンジュニア 
 ◆ソーラー発電は保持はよいがエネルギー効率が13%と低い。太陽熱は保持悪いが、屋上で55%、その後44%で効率がよい。実績は下がっているが、今後見える化やシステム改良で普及させたい。 


(2) 大温度差少水量搬送方式高効率地中熱利用ビル用マルチヒートポンプシステム  
                                 新日鉄エンジニアリング(株)
 ◆ヒートポンプ方式で夏は大気に代え地熱で冷やし、冬は地熱から採熱する実証をした。20%程度省エネした。地下水が流れているともっと効率が上がる。 


(3) ローエミッション脂肪酸メチルエステル化技術実用化開発
                                 (株)レボインターナショナル
◆京都で家庭からの廃食用油の燃料化を実践している。軽油は日本は安いので欧州からの問い合わせが多いが、大規模プラントのため、必要な供給が間に合わない。

画像