散歩 国・登録有形文化財 ローヤル洋菓子店

 国・登録有形文化財 ローヤル洋菓子店
 JR高崎線本庄駅徒歩10分 2009年12月14日(月)散歩
 明治27年
 煉瓦造2階建て、瓦葺


《 赤い煉瓦倉庫 横浜の煉瓦の壁を思い出す 09.12.14撮影 》

 明治27年に設立された本庄商業銀行の倉庫として建てられた。


《 ローヤル菓子店のケーキ 意外と美味しいです 》

 繭や生糸を担保として貯蔵した。


《 繭と生糸の倉庫だったので扉がたくさんあります 》

 鉄扉と網戸を設けた窓を左右対称に配している。


《 正面はにわか改装のようだが店内はおしゃれで楽しめます 》

 耐火と通風に配慮された構造になっている。


《 店舗の奥でケーキを忙しく作っている 特売日あります 》

 昭和51年にローヤル洋菓子店が譲り受けた。


《 本庄は古くは絹蚕業で近隣随一を誇りました 》

 店舗兼製菓工場として使用されている。長方形平面の煉瓦造倉庫である。


《 出窓はスチールでおしゃれ 駐車場は広いです 》

 当時高価であった繭や生糸を担保として貯蔵するため,左右対称の位置に設けられた窓に,網戸と鉄扉を設け,通風と防火に配慮している。


《 通気口に意匠性の鉄具 倉庫だけに換気は大切です 》

 現在菓子店の店舗兼工場として活用され、広く親しまれている。


《 煉瓦が風合いがいい 日陰の煉瓦は色が赤味があります 》

 ローヤル洋菓子店として店舗、工場として利用されている。


《 外灯が倉庫の壁に沿って点在するが壊れているものもあります 》

<評価 65クラス>
 明治27年だから120年以上は経つ。煉瓦は年を経て風合いが出て好ましい。明治期や大正期のレンガ倉庫が意外と各地に残っている。倉庫なので意匠性は重視されていなかったが、赤レンガは表面を磨くだけで美しい雰囲気を出せるので是非改修し後世に残したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック