散歩 フランス・ルネサンス様式 埼玉県立深谷商業高等学校記念館

 フランス・ルネサンス様式 埼玉県立深谷商業高等学校記念館
 JR高崎線深谷駅徒歩10分 2009年11月28日(土)散歩
 埼玉県深谷市原郷80
 木造2階建て
 大正11年建設



《 中央にシンポル塔屋 左右対称のフランス・ルネッサンス様式です 09.11.28撮影 》

 木造2階建て、塔屋付、瓦葺です。



《 入口上部の装飾は丁寧 しかし木の老朽化が激しく崩れています 》

 文化庁の国指定等文化財というから保存は大変である。



《 シンボルの塔屋 学校らしくシンプル 遠くを見渡す学究心が見られます 》

 現在この記念館は老朽化が著しく、耐震性についても十分確保されていない。



《 左右にある円形の飾り窓 木造の細工は風雨で破損が早いです 》

 建築物の使用が制限され、学校施設として活用できない状況になっている。



《 バランスよく配置された4つの屋根窓 開くことはないでしょう 》

 外装横板張りで,意匠を凝らした塔屋・車寄付の中央部を軸に左右対称の外観構成をとる。



《 木窓の上に日の出のような放射線、下に山すそのような広がりの意匠です 》

 4つの屋根窓,両翼端に櫛形ペディメントを設ける。



《 木の台座のコンクリート 車輪のようなデザインです 》

 フランス・ルネサンス様式を基調とした高密度のデザイン。



《 木製の意匠 人がたのようなまといのようなデザインです 》

 フランス・ルネサンス様式は、中世の城に見られるように端正でしかも華麗。左右対称シンメトリー。イタリア・ルッサンス様式のような誇張を避け、節度のある均整の取れた様式が好んで採用された。



《 横から見るとかなり大きい 木造で強度が足りないのか窓が小さいです 》

 二層楼と呼ばれる。



《 裏の通用口の四角いデザイン 冠のように屋根があります 》

 記念館で1月に、香取慎吾主演ドラマ黒部の太陽のロケが行われたという。



《 通用口の左右にあるレンガの柱 デザインなのか台座なのか 》

<評価 60クラス>
 校舎のデザイン、色はいい。近くで見ると老朽化が激しく通常は使われていない。意匠の配置はいいが、塔屋など中央ラインがもう少し大きいと豪華さが増すでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック