散歩 コリント式列柱が並ぶ古典様式  明治生命館

 コリント式列柱が並ぶ古典様式 明治生命館
東京メトロ千代田線二重橋前駅徒歩1分 2009年10月30日(金)散歩
昭和9年竣工


《 正面に美しいコリント式列柱 細いシンプルな溝です 09.10.30撮影 》

本社ビルとして現役利用されている明治生命館。


《 柱の上はアカンサスの葉 アカンサスは葉アザミ 多年草です 》

明治安田生命保険相互会社は、四大生保の一角を占める日本最初で最古の生命保険会社である。


《 小さめのライオンと植物の装飾が小刻みに繰り返されます 》

鉄骨鉄筋コンクリート造、地上8階、地下2階のビル。


《 金具の装飾は中東の唐草模様です 》

国の重要文化財に指定される歴史的建造物である。


《 御影石の外壁に意匠性のある外灯 外壁はリニュ-アルします 》

設計は岡田信一郎。


《 重厚感はあるがオフィスビルは真四角でやや単調で残念です 》

5階分のコリント式列柱が並ぶ古典主義様式のデザインである。


《 列柱はオリンポスの象徴 近づきすぎて美しさが見えないです 》

 コリント式列柱は溝が彫られた細身の柱身と、アカンサスの葉が象られた装飾的な柱頭を特徴とする。


《 入口付近の装飾 植物は建物全体で統一して装飾に使われています 》

 コリント式という名は、古代ギリシアの都市国家のひとつであるコリントスに由来する


《 装飾が丁寧な金具 一帯は丸の内プラザとしてリニューアルします 》

 岡田信一郎は、大正から昭和初期にかけて日本建築界の重鎮であった。


《 扉の花の装飾が立体的で丁寧 外観と内装の装飾モチーフは共通です 》

 歌舞伎座を建築する。歌舞伎座は立て替えが予定されている。


《 外壁と装飾は重厚感が中心 やや単調で重苦しい 》

<評価 55クラス>
 重厚感の強いオフィスビルという感じ。真四角なビルだが内装には豪華さを出している。巨大なビル群の中で気が付きにくいが今ではできない豪華で重厚な装飾が施されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック