訪問 和を取り入れたアールデコ風の洋館 小出邸

 和を取り入れたアールデコ風の洋館 小出邸
 JR中央線武蔵小金井駅バス5分 2009年10月4日(日)訪問
 江戸東京たてもの園
 大正14年建築


《 どこから撮ったらいいのか 地味な大正時代の洋館です 09.10.4撮影 》

  文京区西片2丁目から平成5年移築。


《 通用口がスロープになっている 大正の建物にマッチしないデザイン 》

  四角錐のような大屋根と水平な軒が印象的です。


《 レンガの入口から玄関ポーチにかけて意匠性があります 》

 建築家堀口捨己がヨーロッパ視察旅行から帰国した直後に設計した住宅。


《 洋室は大きくとってある 照明はシンプルです 》

 アールデコ風の意匠。アール・ヌーヴォーの時代に続き幾何学形態の装飾的特性を持つ。


《 和室と洋室が同等の大きさ まさに和洋折衷です 》

 モダニズム風のフラットルーフ。
 

《 南面に窓ガラスを大きく採ってある 庭は和風です 》

 堀口は日本におけるモダニズム運動を主導した。後年、茶室研究の権威。


《 和風の雰囲気 茶室の構造を学びます 》

 当時ヨーロッパで流行していたデザインと、日本の伝統的な造形を折衷したつくりになっている。


《 生活性のある和室 居室として使ったのでしょう 》

 和室と洋室を一つ屋根の下に納め、和風とも洋風ともつかない全体を構成します。


《 南側外観 引き戸のガラス戸は和式 外壁は洋風です 》

<評価 55クラス>
 大正のモダンなのだろうが白い洋風壁に和式の引き戸は意匠的にどうか。和洋は同等な関係では安定がない。黄金比に当たるような主従の割合が落ち着きを生むと感じます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック