散策 モダニズム建築の自邸 前川國男邸

 モダニズム建築の自邸 前川國男邸
 JR中央線武蔵小金井駅バス5分 2009年10月4日(日)散策
 江戸東京たてもの園
 木造2階建
 昭和17年建築



《 切り妻の大屋根 1階か2階建てか外観から分からりません 09.10.4撮影 》

 品川区上大崎3丁目から移築しました。



《 2階はロフト風の部分部屋 見学者が多く人気があります 》

 モダニズム建築家の前川國男が昭和17年に建てた自邸です。



《 小物にセンスの良さがある 近代的なデザイナーでもあります 》

 戦時の建築統制下で建築面積は小さく押さえられました。



《 窓枠は木で大胆なデザイン 軽井沢の別荘風です 》

 大屋根の中央に吹き抜けの居間とロフト風の2階を配したダイナミックな空間構成です。



《 洋風の建物であるが雨戸や厨房は和風です 》

 日本の近代建築の発展に貢献した建築家前川氏の自邸です。



《 塀は外壁だけでは閉鎖的 中を可視化して開放と共有を図ります 》

 戦時体制化、建築資材の入手が困難な時期の竣工でした。



《 1階から2階へと風通しがいい高原の家です 》

 外観は切妻屋根の和風、内部は吹抜けの居間を中心に書斎・寝室を配したシンプルな間取りです。

 

《 家に顔がある 装飾を省略すると家の顔が見えてきます 》

<評価 55クラス>
 近代建築は装飾を省略して機能性、合理性を重視する理念です。戦時下の資材難の時にも小さい家を大きく見せる躍動感があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック