法学 民法 債権者代位権の趣旨と判例による運用の変遷

 民法 債権者代位権の趣旨と判例による運用の変遷
1 債権者代位権
 債権者代位権とは、債務者が第三者に対して有する権利を行使しない場合に、債権者が債権の十分な弁済を確保するために、債務者に代わってその権利を行使して債務者の責任財産の維持・充実を図る制度をいう(第423条)。
民法第423条条文
1. 債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない。
2. 債権者は、その債権の期限が到来しない間は、裁判上の代位によらなければ、前項の権利を行使することができない。ただし、保存行為は、この限りでない。


 判例は代位する債務者の無資力を厳格に要求します 》


例えば、AさんがBさんに住宅資金の一部として200万円を貸し付けたとする(下図)。AはBからその賃金債権を弁済期を待って取り立てようとするが、Bは応じない。Bの財産はCに対する250万円の賃金債権だけである。BはCの賃金債権を取り立てても、Aが得するだけなので積極的に取り立てようとしないし、AはBにそれ以外の財産がないので、強制執行することもできない。
 この場合、債権者代位権を行使できる。
                                   
          A                
        |   \ 代          
  200万円|     \ 位
        ↓250万円 ↓              
        B-----→ C
                         
 すなわち、Aは自己の債権の弁済期を待って、かつBのCに対する債権の弁済期が到来したときに、Aの名において(つまりBの代理人ではなく)債権の権利者であるかのように、Cに対してBに支払うよう請求することが許される。
 もちろん、自己の債権の保全に必要な範囲内(200万円)でである。

 このように、債権者代位権は債権者である債務者の意思に反してまでも債務者の権利を行使することを許すわけであるから、その要件は本来は厳しい。
 しかし、債権保全の必要性から判例はその要件について、種々の運用を試みている。
 そこで、次に債権者代位権行使の要件と判例の運用を示す。

2 債務者側の要件
(1)債権保全の必要性があること。
 a.債権が発生していること。
 b.被保全債権が現在または将来の金銭債権であること。
  *ただし、次のような判例による転用例がある。
 ①登記請求権の代位行使(大判明43.7.6)
 ②保存登記の代位行使(大判大5.2.2)
  保存登記の代位請求(大判大15.10.4)
 ③不動産の債権的利用権者による妨害排除請求権の代位行使(大判昭4.12.16)
 ④債権譲渡の通知請求権の代位行使(大判大8.6.2)
 C.原則として債務者が無資力であること。
  *ただし、次のような判例による転用例がある。
 ①前述の(1)bの転用例では無資力要件は不要である。
 ②金銭債権保全の場合であっても、無資力を不要とした判例がある(最判昭50.3.6)。
(2)債権は原則として履行期にあること。
  例外として裁判上の代位の場合と保存行為の場合

3 債権者側の要件
(1)代位され得る債権の種類
 a.財産権
 ①時効援用権については無資力を要す(最判昭43.9.26)
 ②保険金請求権については無資力を要す(最判昭49.11.2)
 b.身分的財産
 c.実体法上の権利を主張する訴訟法上の行為
(2)代位できない客体
 a.行政上の一身専属権
 ①財産分与請求権は協議・審判等により具体的内容が形成される以前は、代位行使できないとする(最判昭55.7.21)。
 ②人格権侵害に基づく慰謝料請求権は具体的金額が当事者間で客観的に確定した時は、代位行使できるとする(最判昭58.10.6)。
 b.差押えを許さない権利
 c.訴訟開始後の個々の訴訟追行行為

4 結 語 
 債権者代位権は、結果的に、それを行使した者に事実上の優先弁済権を認める事となる。通説は、債権者代位権はあくまで債務者の責任財産を保全するための制度であるが、優先弁済を認める結論を回避することは困難であって仕方がない、という立場を採る。この立場に立てば、無資力要件を比較的厳格に要求することとなる。判決例もほぼ同様の立場に立っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック