味わう 秋のぶどう狩りは巨峰が一番

 秋のぶどう狩りは巨峰が一番
 群馬県太田市新田村田町2151 2009年9月12日(土)味わう
 お土産葡萄3500円

 ぶどうの栄養
1 食べ過ぎに注意  
 ぶどうの糖分は、果糖とブドウ糖。すばやく吸収され、疲労・体力回復には効果的である。
 ビタミン、鉄、カリウムなどが豊富に含まれている。
 カリウムは利尿効果があるのでむくみや高血圧症に効果がある。食物繊維、鉄分も多い。糖分が多いので食べ過ぎに注意。



《 巨峰がおいしい 色が濃いほど甘くてむきやすいです 09.9.12撮影 》

2 ポリフェノール
 フランス人は肉をたくさん食べるが、赤ワインをよく飲む。この赤ワインに含まれるポリフェノールが動脈硬化を予防するため、フランス人は心疾患などの病気が少ないのだといわれている。
 ポリフェノールは細胞のサビを防ぐ抗酸化作用を持っている。ぶどうでは、特に皮や種に多く含まれる。皮に含まれる色素成分のアントシアニンは色が濃いほど多く含まれているので、白ワインより赤ワインの方が効果的です。



《 直売で買って済ますよりお店の人と話ながらのぶどう狩りは楽しいです 》

 * アントシアニンは、植物界において広く存在する果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素。高等植物では普遍的な物質であり、花や果実の色の表現に役立っている。色を利用して(主に布の)染料や食品の着色料として利用されてきた。アントシアニンは食用植物に普遍的に存在する物質であり、飲食した場合でも比較的安全性は高いとされる。



《 左がヒムロット右下がキャンベル 右上の巨峰がやはり美味です 》

3 ぶどうは別名畑のミルク
 ドイツやイタリアでは、数日間ぶどうだけを食べるぶどう健康法というものがある。フランスでは、ワイン健康法が昔から言われている。
 ぶどうの皮に多くあるアントシアニンは、強い抗酸化作用を持っている。体に害のある活性酸素を除去して血液の流れを良くする。



《 ぶどうがゆったり試食でき楽しい 甘めのぶどうはお茶とよく合います 》

4 カテキン
 種に多く含まれるカテキンは、緑茶やココアにも多く含まれるポリフェノールの一種。
 カテキンは、強力な抗菌効果やコレステロールを減らす予防効果がある。



《 育成の大変さ 袋掛けは大変なので人を雇用しジベレリン処理も重労働です 》

5 ガン抑制と整腸
 ぶどう特有なポリフェノールにレスベラトロルがある。これは、ガン抑制作用があることが発表された。
 腸の働きを助ける食物繊維のペクチンも含まれている。



《 巨峰だけに頼らず新品種の改良に忙しい ぶどうで年中作業です 》

 塩分を排出するカリウムもたくさん含まれている。



《 ぶどうとイチゴ狩りはたくさん食べられるので味覚の神に感謝です 》

 1日100g分のぶどうを毎日食べると健康に良い結果をもたらすという。糖分が多いので食べ過ぎに注意。



《 ぶどう狩り農園は点在するがもっと宣伝していい 見聞きするのも楽しいです 》

<評価 90クラス>
 スーパーで買うより新鮮でおいしいし値段も手頃です。イチゴもぶどうも日持ちはするが採ったその場で食べるのは人柄が出るから楽しい。本場は山梨県や栃木県だろうが身近で楽しめるので味覚狩りはやはり魅力だ。ぶどうとしては味の深さから言って巨峰が一番に思うが、糖分が多いので食べ過ぎには注意が必要です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック