化学 毒物 青酸カリの科学

化学 毒物 青酸カリの科学
1 青酸化物とは
 青酸カリはシアン化カリウムのこと。青酸化物(=シアン化物)はカリウムとナトリウム塩が主に利用され、日本の場合シアン化ナトリウムでは年間3万トンが生産されている。シアン化カリウムの生産量は不明。
  
2 どうしてシアン化合物は毒なのか
 生体中では、ヘモクロビンに含まれる鉄によって酸素を体のすみずみまで運んでいる。
 ヘモクロビンと酸素の結合は弱く、結合が強いシアンが酸素の結合を切ってヘモクロビンと結びつくため、酸素の運搬機能が低下し全身に酸素を送れなくなる。



《 青酸カリなどの薬品用ボトル 持ち出し禁止で毎回使用量を秤量し記録します 09.7.26撮影 》

3 青酸化物の性質
 (1)シアン化水素(HCN)
 致死量 50mg
 無色で、よく言われるアーモンド臭。
 しかし、普段口にするナッツ(スイートアーモンド)や杏仁豆腐に使われるアーモンドのような甘い匂いではなく、 収穫前の果実または花のものであり、甘酸っぱい匂い。未熟なウメ(青梅など)に含まれる毒成分。
 シアン化水素自体の毒性は非常に強いが、アミグダリンなどによる中毒症状を示すには果実や種子の大量摂取を必要とする。
 例として、アンズの種子20~40個を摂取したことによる重症例がある。
 また、アミグダリンは果実と比べ、より種子に含まれているため、種子を噛み砕かない限り中毒症状を引き起こす可能性は低い。

 (2)シアン化カリウム(KCN)
 致死量 0.2~0.3g。
 乾燥状態では無臭だが、潮解により空気中の二酸化炭素と反応し、HCNを放出しながら炭酸カリウムに変化するため、シアン化水素の臭気を発する。
  2KCN+CO2+H2O → K2CO3+2HCN


《 シアンの簡易測定キット 1回分80円程度でその場で測定できます 》

4 ミステリーの世界
(1)シアン化カリウムを経口投与する場合
 ミステリーでは「あらかじめ塗っておいた」などという描写があるが、空気中では炭酸水素カリウムや炭酸カリウムに変化してしまう。
 同じく「食品に混入」という描写もあるが、味が強烈なうえ、強アルカリ性なため口の中に激痛が走る。普通なら確実にはき出されてしまう。
  したがって、致死量のシアン化カリウムを経口投与するのは困難である。

(2)ワインやコーヒーに混ぜる場合 
 ワインは pH3~4、コーヒーは pH5~6 である。酸性である。
 シアン化カリウム KCNはアリカリで安定しているが、酸と混ざると、シアン化水素のガスを発生させてしまい、ワインやコーヒーの中に残ることはできない。
 これは、塩素系カビ取り剤の次亜塩素酸がアルカリ性で安定して使用できるのに、酸性タイプの洗剤を併用し、塩素ガスを発生させてしまうのと似ている。 

5 身の回りの毒
(1)有名な毒
◆フグ毒(テトラドトキシン)麻痺性貝毒(サキシトキシン)ナトリウムチャンネルのタンパク質と結合して、細胞外からのナトリウムイオンの流入を阻止する。
◆サソリ毒(スコーピオン毒)ナトリウムチャンネルを開いたままにし、アセチルコリンを使い果たさせて、麻痺を起こす。
◆トリカブト毒(アコニチン)ナトリウムチャンネルを開放させ、大量のナトリウムイオンを細胞内に流入させ、神経伝達を阻害する。
◆ニコチン アセチルコリン受容体に結合して自律神経の興奮作用を示した後、神経伝達を遮断して強い鎮静作用を示す。


《 身近なアジサイにもアミグダリンという毒があります 》

(2)身近な花の植物の毒
◆アジサイ(アミグダリン)致死量 50mg
◆ヒガンバナ(リコリン)致死量 30mg/kg(体重kg当たり)
◆キョウチクトウ(オレアンドリン)致死量 0.30mg/kg
◆スズラン(コンバラトキシン、コンバラマリン、コンバラシド)致死量 0.30mg/kg
◆ジャガイモ(ソラニン)致死量 300mg/kg
◆ベニテングダケ(イボテン酸、ムッシモール)致死量 50mg/kg、10~20本
<評価 55クラス>
 シアン化合物(青酸)は、金属等の表面メッキに使われるように非常に分散性が高く、すみずみまで浸透し結びつきます。したがって、服用した場合に血液中のヘモクロビンとあっという間に結びつき、体内は酸欠し死に至ります。瞬時の酸欠なので容易と思うのは大間違いで、川の魚が瞬時の酸欠で奔走死する例を見ても、非常に苦しいのが分かります。一気に飲んでも非常に苦しいものだが、通常の飲み方では、吐き出されてしまうのが普通です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • タケダ ミカ

    手にするにはどうしたら良いんですか?
    青酸カリを欲しいです。
    2020年07月13日 10:28

この記事へのトラックバック

VISVIM 通販
Excerpt: 化学 毒物 青酸カリの科学 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/ウェブリブログ
Weblog: VISVIM 通販
Tracked: 2013-07-09 19:25