散策 良くなったあじさい寺 熊谷の能護寺

 良くなったあじさい寺 熊谷の能護寺(のうごじ)
 JR高崎線籠原駅バス20分 2009年6月20日(土)散策
 埼玉県熊谷市永井太田1141
 高野山真言宗能満山能護寺
 参観料金300円
 743年建築


《 背丈が1.5mくらいあるため鐘突堂は宙に浮かんで見えます 09.6.20撮影 》

 以前から境内全面にあじさいが咲き誇る姿は見事でした。



《 ヒメアジサイ 有料になったせいか今年は特に手入れが充実しています 》

 743年に建設された真言宗の古刹です。



《 ガクアジサイ 降雨後の花はひときわみずみずしく見えます 》

 国家安穏と五穀豊穣を祈願のため行基上人(ぎょうき、東大寺建立で有名)が開山し、後に弘法大師が再建したと伝えられます。



《 あじさいの時期だけ入口で参観料を取るようになりました 》

 近年、あじさい寺として親しまれ、毎年6月中旬から7月上旬は、境内に80種類800株をこえるあじさいが咲き乱れます。



《 境内全面にあじさいがあり見事 高い位置から見ると豪華です 》

 ヒメアジサイやガクアジサイなど約80種類800株です。



《 花鉢もたくさん 挿し木で育てているのかたくさんの種類があります 》

 県内外から多くの見物客が訪れます。



《 今年から観光ボランティアさんが説明 それはそれで雰囲気はよいです 》

 鐘楼の鐘は、1701年に鋳造されたものです。



《 有料にしてよくなった 参観者の滞留時間が長くなったし会話が生まれます 》

 現在の本堂は1814年に再建されました。



《 入口で朝取りのトウモロコシが売られた 若い農家が売りコミュニケーションが生まれます 》

 本堂の天井には、花鳥や獣が色鮮やかに描かれているという。


 
《 売店も出ていて五家宝など御当地品が売れていました 》

 虚空蔵堂には、菩薩が祀られ、男女厄除けのご利益があります。



《 白い花が盛り上がるようなアジサイ 説明してもらったが忘れます 》

<評価 65クラス>
 あじさい寺は各地にあります。手入れが簡単で花期が長いためでしょう。日陰でも花が咲くし斜面でも育つなどよい面があります。学校の塀際や街路に多用されるようになったのに驚く。さて能護寺は以前から良かったが今年から有料になってよくなりました。参観料を取るというと誤解する人がいますが、人件費が主でしょう。駐車場に人を置けば数万円掛かりますから、施設管理に人を配するということは多額を要するものです。お陰で入場者は時間をかけ丁寧に見るようになったし係員さんに説明を求めるなど交流が生まれています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック