訪問 横浜山手公園の白亜ロッジ テニス発祥記念館 

 横浜山手公園の白亜ロッジ テニス発祥記念館
 JR京浜東北線石川町駅徒歩10分 2009年6月19日(金)訪問
 神奈川県横浜市中区山手町230
 木造2階建て
 平成10年建築


《 山手公園に入るとすぐ右に白亜の記念館が見えます 09.6.19撮影 》

 テニスは明治9年に横浜に上陸。横浜が発祥。建物はバンガロー風の外観で木造2階建てです。


《 眼下にたくさんのテニスコートと打ち合う歓声が聞こえます 》

 日本で最初のテニスクラブが誕生したことを記念して山手公園に建てられた。見た目より、新しいです。



《 中をのぞくとどうやら1階は展示 2階は事務室らしいです 》

 山手公園は明治3年に横浜居留外国人によってつくられた日本初の洋式公園です。



《 淑女のスポーツからスタート 最初は手袋打ちの延長です 》

 明治11年に、山手公園内にわが国初の婦女弄鞠社がつくられ、現在の横浜インターナショナル・テニス・コミュニティーとなっている。



《 木製のラケットの一覧 木枠が変形しないよう昔は固定器具で挟みます 》

 展示室にはラケット以前の皮手袋・バンブーラケット・女子チャンピオンプレート・最も古いテニス道具一式など希少価値の高いです。



《 木ラケットコーナー つい数年前まで使われました 》

 テニスらしきものは、中世フランスでコートテニスとよばれる室内でのスポーツが宮殿や僧院で行われていました。



《 初期の変形ラケット 地面際のボールを拾えると考えた 》

 その後、改良してイギリスで、1874年屋外の芝生でおこなうローンテニスが作られました。



《 古代ローマ時代に素手で固いボールを打ち合うゲームがあったという 》

 1877年にウィンブルドンのクラブがこれをとりいれて、第1回の大会が開かれました。



《 ハードになるとテニスは過激だ 特にサーブは年をとると負担が大きいです 》

<評価 65クラス>
 日本のテニス発祥が横浜とは十分予想される範囲です。今でも打ち合えそうなラケットが実は100年前のものだったりして実に歴史を感じます。おしゃれな横浜らしく記念館もクラブハウスに見えます。平成10年建築なので古くはないが、民間が飾り気無く造った感じが親しみやすくてよい建物です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

【ネットができる宿|世界遺産の日光東照宮には家康が眠る】日光パークロッジ
Excerpt: 日光東照宮~家康の墓所を見に行くのに便利。
Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物
Tracked: 2009-07-03 18:46