散歩 川越の街並み 建築物拝見

 川越の街並み 建築物拝見
 JR埼京線川越駅バス8分 2009年5月10日(日)散歩
 埼玉県川越市幸町15−7
 明治26年建築


《 時の鐘は暮らしに欠かせない時を告げるシンボルです 09.5.10撮影 》

 小江戸川越の名所スポットとして、蔵造り、時の鐘・菓子屋横丁・蓮馨寺・市立博物館・本丸御殿・三芳野神社・氷川神社・喜多院・東照宮などがあります。時の鐘は、寛永年間に川越城主酒井忠勝が、城下多賀町に建てたものが最初といわれています。現在の鐘楼は、明治26年に起きた川越大火の翌年に再建されたもの。 現在、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)、蔵造りの町並みに 鐘の音を響かせています。



《 蔵造りの町並みは明治26年の川越大火後に建てられました 》

 菓子屋横丁は、明治の初めから菓子を製造していました。それが、関東大震災で被害を受けた東京に代わって駄菓子を製造するようになり、昭和初期には70軒ほどの業者が軒を連ねました。現在は10数軒の店舗が連なり、横丁の雰囲気とあめやせんべいなどの駄菓子は、ノスタルジーを醸し出しています。



  蔵造り
《 フカゼンは元文3年創業 掛軸と額縁を売る店です 》

 川越の蔵造りの特徴は、倉庫としての蔵でなく、店舗を蔵造りとした「店蔵」といます。通りに面した商家の顔である店舗を蔵造りにすることで、周辺からの類焼を防ぎ、裏につづく土蔵とあわせて敷地内への飛び火を防ぎました。



《 壁は石灰に海草糊やスサを混ぜペースト状にした漆喰をコテで塗りつけます 》

 蔵造りの本来の目的である防火のほか、商家特有の装飾的な工夫が随所にちりばめられています。


《 川越商人は舟運などによる江戸との商いで財力は十分にありました 》

 蔵造りに圧倒的な重量感を与えているのが厚い土壁と豪壮な屋根瓦。とくに屋根は最上部に壁のような箱棟がそそり立っており、一層の迫力を出しています。



《 町屋風づくりの民家 生活の雰囲気が漂います 》

 多くの蔵造り建物の窓は重厚な観音開扉になっており、蔵造りの外観で最も目を引きます。



《 菓子屋さんが美術館を併設している蔵造りです 》




  洋館
 歴史ある川越には洋館が点在するが大きな記念館はない。明治、大正、昭和初期に建てられたものが多い。埼玉りそな銀行川越支店は、大正7年、第八十五銀行本店として建造されました。中央にドームをもつルネサンス様式。設計は保岡勝也で、西洋の建築様式を基調にした大正特有の雰囲気があります。

《 ルネッサンス様式で屋根が特徴 全体を見るのが大変です 》

 川越商工会議所は昭和2年に完成、今も商工会議所として使われています。



《 商店街の一等地にある商工会議所 入口が狭くて気付きにくいです 》

 中成堂歯科医院(個人)は大正2年に、旧中野歯科医院として建築。今も歯科医院として操業です。



《 アーリーアメリカンコロニアル様式の 中成堂歯医者さん 》

 < 評価60クラス >
 蔵造りは江戸にもたくさんあったが、東京が明治期に洋風になったため、川越が江戸の雰囲気を残すことになった。城下町であったため町は防戦上複雑にされ、明治期の政府からは警戒され、町並みは整備されなかったが、近年貴重な首都圏の観光地として整備が進んでいます。洗練された町並みではないがゆっくり散歩できる雰囲気は楽しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック