散歩 絹織物の伝承 秩父銘仙館

 絹織物の伝承 秩父銘仙館
 西武鉄道西武線秩父駅徒歩5分 2009年4月25日(土)散歩
 埼玉県秩父市熊木町18−12
 旧埼玉県秩父工業試験場
 国登録有形文化財 
 木造平屋建て 入館料200円 
 昭和5年建築


《 旧工業試験場 木造平屋建てで石壁と屋根に雰囲気があります 09.4.25撮影 》

 秩父絹織物同業組合が秩父地方の繊維産業の向上と振興を図るため建築し、埼玉県秩父工業試験場を誘致しました。



《 ライトの石積みを模した石柱 下から空に立ち上がるプレーリー様式です 》

 アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライトが考案した大谷石積みの外装や昭和初期の特徴的な装飾との調和が建築的に優れています。
 


《 室内・廊下はダークブラウンで地域では珍しい擬洋館づくりです 》

 フランク・ロイド・ライトは、アメリカ大陸と日本に多くの作品を残しています。ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に近代建築の三大巨匠と呼ばれています。



《 機織りの自動機械がたくさん並んでいます 工程が多いです 》

 プレイリースタイルの作品で知られるようになりました。日本では帝国ホテル(正面玄関部分のみが博物館明治村に移築)、山邑邸(現 ヨドコウ迎賓館、兵庫県芦屋市)、自由学園明日館などがあります。孫娘に、美人女優で卒業のアン・バクスターがいます。



《 手織りから自動への移行はまず徹底的な手織りのまねから入ります 》

 絹織物の秩父銘仙は、平織りで裏表がないのが特徴で、表が色あせても裏を使って仕立て直しができる利点があります。



《 平織りの機織り 若い研修生が美しく織っている途中です 》

 女性の間で手軽なおしゃれ着として明治後期から昭和初期にかけて全国的な人気を誇るようになりました。



《 まゆ シルクは保湿性がよいので最近では冬用靴下にも使われます 》

 特に独特のほぐし模様が人気を博したといわれています。



《 織機は一般に水平織機と垂直織機にわけられます 》

 建物主棟に比して異様に巨大な玄関ポーチを正面に突出させ、大谷石積み腰壁や連続した縦長の窓によってライト風の外観を造っています。



《 染色にはpHと温度が大きく影響します 》

 当時は養蚕業などを含めると市民の約7割が織物関係の仕事にかかわっていたと言われています。



《 染色は型抜きによっても簡単に染めることができます 》

 現在はちちぶ銘仙館。秩父織物・銘仙等を伝承する施設として、昭和初期の面影を残しています。



《 銘仙は大正・昭和の時代に着物で多用され色が渋いです 》

 今でも、昔ながらの技は受け継がれており、和服・ざぶとん・小物などが、秩父のお土産品として有名です。



《 植物染料はしぶい 派手な色は反応染料でしょう 》

<評価 65クラス>
 工業系の試験場は地場産業界が支えている場合が多い。成長期の業界がその時の活況や今後の成長を夢見て建設するので優れて贅沢な場合が多いです。商業界の社交倶楽部と同じです。一時期とはいえ、当時の意気込み、気概を示す思惑が見られ十分面白いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック