探検 神秘の湧水 出流原弁天池

 神秘の湧水 出流原弁天池(いずるはらべんてんいけ)
 JR両毛線佐野駅6km 2009年4月11日(土)探検
 栃木県佐野市出流原町
 環境省日本名水百選
 出流川源流


《 公園と一体の雰囲気 周囲は絶好の散歩コースです 09.4.11撮影 》

 佐野市街地から北西約6kmの位置にあり、数台の駐車場しかない磯山公園の中にあります。



《 池全体が美しく以前から飲料用水として地元の人が大切にしていました 》

 弁天池は直径25m、深さは1mくらいだろうか。池底の割れ目から直接、湧き出しているようで、底面の藻がないところの水がゆらいでいて美しいです。聞けば古生層石灰岩の割れ目から清水が湧きだし、厚い土の層をフィルターとして濾過された水は、水温は年間を通し約16℃をほぼ保ち、豊かな水量を誇っています。



《 石灰岩層からの湧き水でPH・温度など飲用に最適 たくさんの鯉が泳ぐ 》

  池の水はまるで地底湖のように深く澄み切り、池底もはっきりと見えて、とても神秘的な雰囲気。弁天池にはたくさんの鯉が泳いでいるます。



《 四季を通じて風光明媚 特に夏は鮮やかな緑と清涼感が満喫できます 》

  中央に2m程度の浮島があって、そこにも周囲と同じように松が植わっています。



《 水質・水量は良好な状態を保つ 湧水を使う旅館が周囲にいくつかあります 》

 道路向かいの旅館前に水が引いてあり、水くみに来ている人はここで汲みます。



《 出流川の源となるほか水質がよいため養魚、旅館、食品製造などに使用します 》

 この池から流れ出した水は、養魚場、公園に利用され、市民の憩いの場所として親水性が高いです。



《 湧き出た水は周辺へ数か所の美しい水路となって流れます 》

 この地にはそばに「両毛の奥座敷」と呼ばれる赤見温泉があり、山裾の温泉地として優れた景観です。



《 水温16℃の良質良好な状態で流れるため美しい水生植物の花を咲かせます 》

 春の新緑、夏のボート、フィッシング、秋の紅葉と四季に魅力をもつ周辺を楽しみながら、鉱泉に入ります。



《 隣接する養魚場 水面がきらめいています 》

 磯山の中腹には「出流原弁財天」が奉られている朱塗りの弁天堂があり、緑と水としっくりした調和をみせます。



《 磯山の中腹にある弁財天 急勾配の適度な散歩コースです 》

 釘を使わず、京都の清水寺を手がけた大工の作といわれる三層楼舞台作りの本堂からの眺望は素晴らしく、南東方向に佐野市街を望むことができます。



《 白い蛇は神の遣いという 祀られている 狭い道を上るのは楽しい 》

<評価 95クラス>
 池底が1m程度。底面からゆらめいて湧き出る水は周辺の雰囲気と混じり神秘的だ。湧水にありがちな魔力があり黄金埋蔵にまつわる「朝日長者」の伝説もあります。隣接する中腹の朱塗りの弁財天は心改まる雰囲気があり、併せて散歩できます。100mほどのところに、湧水を使ったとうふ・ゆばの直売工場があります。豆乳の入ったおぼろ豆腐は特においしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック