法学 民事裁判における弁論主義が適用される事実とはなにか。

法学 民事裁判における弁論主義が適用される事実とはなにか。

1 民事裁判における弁論主義
 民事裁判は私人の要求に基づき、私法上の権利または利益を公権力が第三者の立場で判定するものである。この判定結果は当事者双方を服従させるとともに、裁判が当事者の一方に偏らずに公平であり、また裁判官の恣意ではなく客観的に妥当な内容で、ひろく国民一般の信頼が得られるものである必要がある。
 そのため、民事訴訟の手続きではまず裁判に先立ち紛争当事者が意見を述べ合い、互いに主張を戦わせる機会を与え、裁判官が互いの主張に現れたすべての事実と証拠とを 慎重に取り調べ、判決を下すよう配慮される。ここに、裁判に必要な事実に関する資料の収集は、当事者の権能であり責任であるとする原則を弁論主義という。


《 民事裁判は双方が合意があることは争わない主義です 》

2 弁論主義の内容
 弁論主義に対する概念は職権探知主義であり、当事者の資料収集の支配力を排し、裁判所が自らの調査力で資料収集に当たるとする考えである。現行民事訴訟法では弁論主義を基礎とする。その理由は、民事訴訟の対象となる事項は民法・商法など私的自治の原則が支配しているから、その解釈はできる限り(資料収集も含め)当事者の自主性に任せるものと解される。弁論主義の具体的な内容は次の3点である。
(1)当事者が主張しない事実は、裁判所は判決の基礎にしてはならない。
(2)当事者間で争いのない事実は裁判所はそのまま判決の基礎にしなければならない。(3)争いのある事実について証拠調べをする時は当事者の申し出た証拠によらなければならない。
 弁論主義における事実の扱いは判決に大きく影響し、弁論主義の適用される事実とはいったい何かという問題が残ってしまう。

3 主要事実・間接事実・補助事実
 弁論主義は事実(真実でなくてよい)についてのみ適用されるが、事実の適用領域については対立がある。通説は、事実を訴訟物の存否に対する法律効果から、主要事実・間接事実・補助事実の3つに分ける。
 主要事実は法律効果である権利の発生・変更・消滅に直接必要な事実である。直接事実ともいう。また、法の構成要件に該当するから要件事実ともいう。
 間接事実は主要事実の存在を推認させる事実をいう。
 補助事実は証拠の信用性を明らかにする事実である。例えば、賃金返還請求では、金銭の授受、返還約束等が主要事実で、貸付時には外国にいたというアリバイは間接事実で、証人はうそつきであるなどは補助事実である。

4 法規基準説 
 弁論主義は通説によると主要事実にのみ適用され、間接事実・補助事実には適用されない。主要事実は当事者の弁論に現れない限り、証拠資料ではあっても訴訟資料ではないから判決の基礎とすることはできないが、間接事実や補助事実にはこの制限はない。
その理由は、間接事実・補助事実は実質的には主要事実の存否を推認させるという点で証拠と同じ作用を持つからである。もし仮に間接事実に弁論主義を適用すると、裁判官の自由心証主義を拘束し、合理的な判断を困難にするからである。
 したがって、主要事実と間接事実の区別が重要となり、弁論主義が適用される事実領域を決めることになる。これが裁判所の訴訟活動に影響し、争点形成、立証活動、心証形成への重要な役割を果たす。通説は主要事実つまり法の要件に適用事実を求めたため、法規基準説とも呼ばれる。

5 重要性基準説
近時はこの通説に次のような批判が加えられている。
(1)主要事実を法の構成要件とすると「権利の濫用」、「信義誠実の原則」などの一般的規定を示す事実が間接事実となり、弁論主義が適用されない。
(2)実際の裁判ではアリバイの存否など間接事実が争点になるケースが多く、弁論主義が生きない。
(3)主要事実と間接事実の区別は、現実では困難に場合が多い、などである。
 新しい考えは、弁論主義の適用される事実を次のようにとらえる。
 第1説は、適用事実を主要事実とする考えはそのままで、主要事実の概念を法の構成要件ではなく、訴訟の勝敗を左右する重要なものと位置づける。訴訟にとっての要否を比較考量する立場に立つ。基準再構成説とも呼ぶ。
第2説は、適用事実を主要事実だけでなく、間接事実も原則として弁論主義を適用し、実際の裁判と整合をとる立場である。全事実要主張説とも呼ぶ。
 第3説は、法の構成要件を主要事実とする考えはそのままで、訴訟に直接影響する主要事実・間接事実は当事者の主張を要し、それ以外の事実は主張を要しないとする立場である。重要性基準説とも呼ばれる。
 適用事実がどの説に依拠するかは、裁判所の役割をも規定するものとして興味深い。
実際の訴訟では公平な判断が優先すべきと考えると、通説の批判説として第3説・重要性基準説が相当と考えられる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック