荒川ストーリー4 荒川を臨む天然要塞 鉢形城

 荒川を臨む天然要塞 鉢形城
 秩父鉄道線寄居駅徒歩25分 2009年3月15日(日)訪問
 埼玉県大里郡寄居町大字鉢形2496−2
 1476年建築


《 市街地とは荒川を隔てた丘陵上にあって絶好の散策コースです 09.03.15撮影》

 戦国時代の平山城跡で、東国における戦国時代の代表的です。




《 鉢形城跡は戦国期の代表的な平山城です 》

 城郭構造 連郭式平山城 ・天守構造 なし



《 玉淀を望む景勝 要害の地に位置します 》

 築城主は、長尾景春です。



《 城郭を一定区画に分かつ区域を曲輪(くるわ)という 》

 文明8年に築城されました。関東にある戦国時代の城郭としては完全に残ったもので、国の史跡に指定されました。



《 石垣は崩落防止と外敵からの防御を兼ねています 》

 主な改修者は、田丸直昌、森忠政です。



《 畠山重忠が居城したといわれるが確証はない 観光には多い話です 》

 主な城主 長尾景春、上杉顕定、北条氏邦です。



《 土塁は侵入を防ぐため周囲に築かれた連続した土盛りのこと 容易に越えさせない 》

 廃城年 は、1590年(天正18年)です。遺構は、土塁、堀などです。断崖に立つ典型的な崖城 防御に優れます。



《 背後を渓谷に守られた要塞 荒川に橋をあまり造らせなかった 》

  背面に荒川、前面に深沢川を擁する天然の要塞です。大手、搦手、本丸、二ノ丸、三ノ丸および諏訪曲輪には塹壕をともないます。


《 公園内の梅は人寂しく見頃を迎えていました 》

  昭和59年からは寄居町による保存事業が開始された。現在は鉢形城公園として整備され、鉢形城歴史館が設置されています。



《 左側の建物が鉢形城歴史館です 》

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック