訪問 近代日本経済の基礎づくり 渋沢史料館

 近代日本経済の基礎づくり 渋沢史料館
 JR京浜東北線王子駅徒歩5分 2009年1月22日(金)訪問
 東京都北区西ケ原2-16-1
 入場料300円
 昭和57年建築
 

《 地元小学校の見学が多い 起業時代の後押しがあります 2009.1.22撮影 》

 渋沢栄一の旧邸 「曖依村荘」跡・北区飛鳥山公園の一部・に設立されました。幕末の幕臣、明治~大正初期の大蔵官僚、実業家です。



《 14歳の時に単身で藍葉を仕入れた実業が生きました 》

 第一国立銀行や王子製紙・日本郵船・東京証券取引所などといった多種多様の企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父と呼ばれます。



《 資料館回りは博物館や公園があり女性像が美しいです 》

  第一国立銀行のほか、東京ガス、東京海上火災保険、王子製紙、秩父セメント、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビールなど、その数は500以上とされています。
 
 <評価 50クラス>
 日本近代経済社会の父と言われるが、多種多様の企業500以上は驚異です。起業への関わりの濃淡はあると思うが、他の実業家のように趣味的コレクションに走らず、実業自体に生涯を懸けたのが潔い。決して文化人ではなかったようだか、政府に随行してパリ万博を見て人生観が大転回した好転ぶりは敬愛できます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック