歩く 日本洋館の最高傑作 装飾が美しい旧岩崎邸

 日本洋館の最高傑作 装飾が美しい旧岩崎邸 
 東京メトロ千代田線湯島駅徒歩3分 2008年11月9日(日)歩く
 東京都台東区池之端1丁目3-45
 入園料400円
 木造2階建て
 明治29年建築


《 前庭にシュロの樹のある異国風洋館です 08.11.9撮影 》

 三菱創設者・岩崎家本邸として建てられました。英国人ジョサイア・コンドルによって設計されたもので、現存するのは洋館・撞球室・和館の3棟です。



《 庭園に面するベランダ入り口はイスラム風です 》

 木造2階建・地下室付きの洋館は、本格的なヨーロッパ式邸宅で近代日本住宅を代表する西洋木造建築です。



《 建物全体は繊細なイギリスのルネッサンス風です 》

 館内の随所に見事なジャコビアン様式の装飾が施されていて、同時期に多く建てられた西洋建築にはない繊細なデザインが、往時のまま漂わせています。



《 建物いたるところに見事なジャコビアン様式の装飾が施されています 》

 別棟として建つコンドル設計のビリヤード場は当時の日本では非常に珍しいスイスの山小屋風の造りの木造建築で、なんと洋館本館から地下道でつながっています。



《 中東ペルシャの唐草模様の壁紙の紋様です 》

 洋館と結合された和館は書院造りを基調にされていて、広間には、橋本雅邦が下絵を描いたと伝えられる日本画などが残ります。



《 各部屋にすべて暖炉があり来客の異国人への配慮がなされています 》

 現存する広間を中心に巧緻を極めた当時の純和風建築をかいま見ることができます。



《 壁紙の唐草模様 金色とエメラルドグリーン色が特徴です 》

 大名庭園を一部踏襲する広大な庭は、建築様式と同時に和洋併置式とされ、芝庭をもつ近代庭園の初期の形を残しています。



《 版木ロール 金箔を貼りたたくを繰り返して作っていきます 》

 この庭園は、越後高田藩江戸屋敷から元舞鶴藩知事・牧野弼成、そして岩崎家本邸へと変遷し、往時には、1万5,000坪余りに20棟もの建物が並んでいました。



《 床や天井に独特の模様がほどこされています 》

 第二時世界大戦後、国有財産となり、最高裁判所司法研修所等として利用されました。



《 洋館の部屋の天井が高い 馬上で入館を想定しているという 》

 平成6年に文化庁の所管となり、平成13年東京都の管理となりました。



《 洋館から地下通路で行ける撞球室ビリヤード場 御用邸にもありました 》

 洋館・撞球室も、有名な英国人ジョサイア・コンドル(1852~1920年)の設計です。



《 廊下続きの日本家屋の庭です 》

 コンドルは、明治政府の招聘で、明治10年、現・東京大学工学部建築学課の教授として来日し、大学で教鞭を執る傍ら、100を越える洋館を日本で建てました。旧岩崎邸は現存するコンドルの作品では最古で、邸宅の中では傑作とされています。



《 障子手前の木枠の山菱形が特徴といいます 》

<評価 100クラス>
 英国人ジョサイア・コンドルは100を越える洋館を日本で建てました。鹿鳴館や旧古河邸、帝国ホテル、ニコライ堂など英国風の重厚な凝った建物が得意です。岩崎邸は豪邸で、かつ英国人を迎えるための気配りがなされており、明治期の日本の英国への配慮が伺われます。建物の装飾がよくできています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

Holiday car breakdown insurance..
Excerpt: Holiday car breakdown insurance..
Weblog: Holiday car breakdown insurance..
Tracked: 2009-03-31 05:44