拝見 少年少女の飼育成功物語 映画ほたるの星  

 少年少女の飼育成功物語 映画ほたるの星
 2003年シネボイス製作 菅原浩志監督
 101分 3,454円(税込) 

 小学生対象に、環境教育の資材として。 
 ストーリー:小学校時代の恩師に深く影響を受けて教員を志した三輪元(小澤征悦)は、念願の教員試験に受かり山口県の小学校に赴任する。三輪が担任になったクラスには、複雑な家庭環境から周囲に心を閉ざした転入生、比加里(菅谷梨沙子)がいたが、ふとしたことからクラスでほたるを飼育することになり、その飼育を通して比加里も心を開く。だが、ほたるを放流する予定の川が護岸工事されることが発表され、ほたるの放流が危うくなる。


《 後半に少年少女の盛り上がりがあるほたるの星です 》


 ぼくらの七日間戦争コンビ=菅原浩志監督と原作者の宗田理が描く、理想に燃える新任教師・三輪と、複雑な家庭環境ゆえに周囲に心を閉ざした少女・比加里がほたるの飼育を通して癒されていく感動ストーリー。
 ハロー!プロジェクト・キッズのひとり、Berryz工房の菅谷梨沙子がけなげな少女を熱演
 松浦亜弥が初の映画主題歌に挑戦 つんくプロデュース
 主演・小澤征悦、さらに役所広司、樹木希林、山本未來、八名信夫など豪華キャストが共演です。



《 美少女の菅谷梨沙子が心を閉ざす比加里を演じます 》

<評価55クラス>
 映画として冗漫で、101分の前半は長すぎの感がある。監督は、ぼくらの七日間戦争の菅原だが、ほたるを放流する川の護岸工事を撤回させるため、少年少女が役場に乗り込む様は、同じシーンの二番煎じの感あり。
 ほたるは、現在、全国各地で生育されていて、実際に数千~数万匹のホタルが乱舞するなど映画より面白い。西日本で2秒間隔で光り、東日本の4秒間隔より目立とうとして頻繁である、など興味深い。また、ほたるの光は思いのほか明るく、竹の中に入れても光を通す様が、竹取物語のかぐや姫の誕生シーンの由来であるなどホタル飼育は面白さがこの映画に出ているとはいえない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック