健康 肩痛の防止とスポーツの関係・肩回し禁物

 肩痛を防止しながら、スポーツを続けたい
 肩痛は、スポーツの過程で誰でも経験する場合が多い。残念ながら、医師の診断においても医学的に原因がつかめていないことが多い。二回ばかり、医者に診てもらったがいずれも不明でした。

 NHKラジオで、医者のコメントがあった。最近の医学の研究成果で、肩の関節は、中高年以上からはトレーニングは明確にマイナスであるらしい。つまり、ストレッチングはよいが、肩をぐるぐる回すとかの行為は、どうも肩関節の「劣化」につながるのではないか、ということが分かってきて、懸念されているという。

 事は研究成果であるが、いくつか思う点がある。
 大リーグでは、ピッチャーの肩は消耗品と考えるという。また、身近なテニスプレーヤーで過去一流の選手でも、加齢と共にフォームが極端に変わり、間接の動きがギコチなくなり、ラケットをいわゆる「横に振る」人が多くなる。確かに、テニスのサーブが高齢者によいとは思えない。
 
 加齢と共に、肩を激しく回すことなど、肩周りのグリースのような柔軟部分をすり減らすことになるのだろうか。NHK医者の見解は、ただ、回転させる行為は注意が必要とのことであった。ケアにはストレッチはよい。また、肩周りのインナーマッスルを鍛えることはよい、というものだった。だから、ゆっくり筋トレ負荷をかけることを勧めていた。

 激しく動かすのではなく、柔軟性を意識しながらゆっくり負荷をかけるのがよいと再確認した。加齢の影響は、部位により影響は大きいと思う。肩関節などは痛めた場合、回復が困難な部位の典型ともいえるので、テニスのサーブなど高負荷には注意したい。



《 ヨネックスラケットは唯一日本製で打球感が良くコーチが勧めます 08.01撮影 》



 肩痛の主におこなわれる一般的な治療法
 五十肩や四十肩の治療は、主に「肩周りの筋肉の緊張をほぐす」こと、緊張の引き金となる「血行不良を取り除く」ことを目的とした治療がおこなわれることが多い。

1 電気療法・温熱療法
 マイクロウエーブなどの超音波や超短波、レーザー光線などを発生させる機具を利用する。温熱刺激により血行不良や筋肉の緊張を取り除き、発痛物質を患部から排除する目的でおこなわれる。

2 ストレッチ
 肩関節の可動域の回復を目的としてストレッチをおこなったり、失った心身の機能改善・回復を目的としたリハビリテーション。

3 徒手療法
 整体や鍼灸、カイロプラクティックなど、直接術者の手により五十肩や四十肩の原因となる筋骨格のバランスを整えて、痛みの緩和と早期回復を目的とする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

マッスルスピード ”マッスルスピードで筋肉増強&痩身ボディ
Excerpt: ↓↓ 画像クリックで商品詳細が見れます 【セール対象商品】マッスルスピード【大幅値下げ↓】6,800円マッスルスピードで筋肉増強&痩身ボディを手に入れろ!Ads by 電脳卸 マッスルスピードで筋肉..
Weblog: メンズ美容専門店,6 健康 肩痛の防止とスポーツの関係
Tracked: 2008-02-03 10:59

Tamadol.
Excerpt: Tamadol.
Weblog: Tamadol.
Tracked: 2008-06-30 07:37

Adderall without a prescription.
Excerpt: Adderall.
Weblog: Adderall coupon.
Tracked: 2009-05-30 08:09

Difference between percocet and ultracet.
Excerpt: Percocet without prescription. Side effects of percocet. Percocet. Canadian prescritions and percoce..
Weblog: Percocet dosage.
Tracked: 2009-05-31 07:02