環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く リヨン出身のエーミール・ギメの構想 円筒形の国立ギメ東洋美術館

<<   作成日時 : 2017/09/21 10:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 リヨン出身のエーミール・ギメの構想 円筒形の国立ギメ東洋美術館
 地下鉄9号線イエナ駅徒歩1分 2017年5月7日(日)歩く
 6, place d'Iena 75116 パリ、フランス
 1879年建設


画像
《 石積みの円筒の地味な建物でもポスターで鮮やか 17.5.7撮影 》

 駅の出口真ん前にまず円筒の建物が目に入ります。



画像
《 シェルにウィングと西洋花という面白い組み合わせの飾り 》

 アジア調の建物は分かるが近すぎて円形の銅葺き屋根が見えない。



画像
《 豊穣の束 実りの収穫を束ね重々しく豊かです 》

 パリ西部、16区の文化地区で回りは市立近代美術館、ギャラリエ博物館、建築・文化財博物館、バカラ博物館。セーヌ河の向こうにはケ・ブランリー美術館が近い。



画像
《 ドーム下は明るい屋根になっていて6体の女神が見守ります 》

 東洋美術品の数はヨーロッパ最大です。



画像
《  KIMONO展を開催 日本はこんな期待を持たれています 》

 ギメの名前は、コレクターの実業家エーミール・ギメで、アジア各国で収集した約1万点の東洋美術作品を展示しています。



画像
《 パリにあった三越は7年前に閉店しましたが文化発信に貢献しました 》

 エーミール・ギメは、フランスの実業家で、1836年リヨン生まれの美術鑑定家、収集家です。



"360" height="270" class="up-image" alt="画像" title="画像ページを表示します" />
 1876年〜1877年にかけて日本、中国、インドの宗教を調査し、日本からは膨大な仏像・仏具を購入しています。



画像
《  松坂屋の屋号は井と藤でいとう屋 創業者伊藤から取っています 》

<評価 55クラス>
 エミール・ギメは、父は化学者、母は画家です。もともと1879年リヨンに東洋美術館を設立しました。1885年にリヨンからパリに移設し、 1945年にはルーヴル美術館の東洋部のコレクション全体がギメ美術館に移されました。ガンダーラ美術、シルクロード美術、中国美術、インド美術などヨーロッパ屈指の東洋美術コレクションです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く リヨン出身のエーミール・ギメの構想 円筒形の国立ギメ東洋美術館 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる