環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く 白亜の元修道院 ヴェネチア派作品を抱えるアカデミア美術館

<<   作成日時 : 2017/09/22 09:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 白亜の元修道院 ヴェネチア派作品を抱えるアカデミア美術館
 サンタ・ルチア駅徒歩22分 2016年9月21日(水)歩く
 Campo della Carita, 1050, 30123 ヴェニス、イタリア
 入館料12ユーロ
 1817年設立


画像
《 白亜で地味ですが垂れ幕一つ変えるとよみがえる 16.9.21撮影 》

 大運河を渡る美しいアカデミア橋を渡るといきなり建物が見えますが、小さい間口に見落としそうになります。



画像
《 ファサードの右レリーフ 文具とリーフの浮き彫りが見られます 》

 よく見ると煉瓦の建物が連棟になっていて巨大ですが、入り口棟は白く別棟なので、うっかり小さく思ってしまいます。



画像
《 白亜棟の左隣り 石造りの積み上げが印象的です 》

 キリスト教の慈善団体が使用していた建物に、ヴェネチア派の傑作を集めた美術館です。



画像
《 入ってすぐの天井に美しい黄金の花がぎっしり 》

 
 建物は、もともとキリスト教修道院のコンパクトなものです。



画像
《 壁に後塗りのフレスコ 中東風の壁画です 》

 美術館としては、1750年に地元出身の画家ジョヴァンニ・バッティスタ・ピアッツェッタが作った美術アカデミーが起こりです。



画像
《 洗練されたヴェネチア調の板絵 金の唐草が繊細なのが特徴 》

 ジョヴァンニ・バッティスタ・ピアッツェッタは、 1682年ヴェネチア生まれのバロック後期〜ロココ初期のヴェネツィア派の画家です。



画像
《 200年前と古いが階段通路は改修されて現代的だ 》

 明暗表現を効果的に生かした、劇的で躍動感溢れる画風が得意です。



画像
《 すっきりしたパティオ 煉瓦タイルで柱や壁が改修されています 》

<評価 60クラス>
 ヴェネツィア派絵画を中心にコレクションしており、特に第一世代を代表するジョヴァンニ・ベリーニ(神聖な会話)やヴェネツィアの三大画家とされるティツィアーノ(聖母子)、ティントレット(サンマルク奴隷解放)、パオロ・ヴェロネーゼ(セント・キャサリンの神秘的な結婚)の作品が多数見られます。 また、貴重なレオナルド・ダ・ヴィンチ作『ウィトゥルウィウス的人体図』があるらしいが、見逃しやすい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く 白亜の元修道院 ヴェネチア派作品を抱えるアカデミア美術館 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる