環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 散策 昭和初期のレトロモダンな洋館 旧竹原町立図書館

<<   作成日時 : 2017/07/31 09:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昭和初期のレトロモダンな洋館 旧竹原町立図書館
 JR呉線竹原駅徒歩3分 2017年1月1日(日)散策
 広島県竹原市本町3丁目11−
 竹原市歴史民俗資料館、竹原書院
 国登録有形文化財
 木造2階建て
 昭和4年建築


画像
《  トンガリ屋根とマンサード風の玄関がレトロです 17.1.1撮影 》

 昭和の初期に、町立図書館として建てられたレトロモダンな洋風建築です。



画像
《 正面右側面 側面なのに縦長窓で手を抜かない 》

 もともとは江戸時代中期の儒学者、塩谷道碩の旧宅跡です。



画像
《 側面がマンサード屋根の不思議な形です 》

 塩谷道碩(しおやどうせき)は、1703年生まれの儒学者・医者です。



画像
《 窓の木枠は変わった庇風で凝っています 》

 医業の傍ら、多くの子供に学問を教えていました。



画像
《 壁の腰部に換気口でしょう あまりに小さい 》

 頼山陽の叔父、春風が志を受け継いで学問所にしました。



画像
《 玄関の山形屋根が小瓦を重ねています 》

 館内には、当時赤穂の塩と並び、町に繁栄をもたらした製塩業の歴史や資料などが展示されています。



画像
《 中は役場作り様式 意外と階高が高い 》

 竹原市出身の有名人として、池田勇人、頼山陽、浜田省吾らがいます。



画像
《 玄関照明 昭和はやはり並ガラスです 》

<評価 60クラス>
 竹原市は、江戸時代後期は製塩業で栄え、現在は安芸の小京都と呼ばれています。江戸時代中期から明治にかけての町並みが残りっています。塩はその当時広島県が全国の80%のシェアーを占め遠く大阪や江戸まで北前船で輸送しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

散策 昭和初期のレトロモダンな洋館 旧竹原町立図書館 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる