環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 見る  光沢と繊細 女性を美しく仕上げるネッツェルの肖像画

<<   作成日時 : 2017/07/28 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 光沢と繊細 女性を美しく仕上げるネッツェルの肖像画
 マドリード地下鉄2号線ソル駅徒歩6分 2016年5月9日(月)見る
 ティッセン・ボルネミッサ美術館
 Paseo del Prado, 8 28014 、マドリード、スペイン
 入館料10ユーロ
 

画像
《 女性の肖像 カスパル・ネッツェル 1676年 光沢ありです 16.5.9撮影 》

 カスパル・ネッツェルは、1639年生まれのオランダの画家です。イタリアで修行をしました。


画像
《 犬を抱えた女性 フランヴァンミエリス 1672年 光の強弱が巧み 》

 犬を抱えた女性は、非常に熟練した技術の現れで、インテリアがうまく構築され、正確であるとともに、さまざまな表面への光の影響に特に注意を払った。インテリアの画家ともいわれた。



画像
《 5天使と聖母戴冠 マエストロ・デ・1355 1335年 キリストが高位のようです 》

 マエストロ・デ・1355は、匿名です。絵は、柔らかい線から構成された顔、細長い腕と手の上にエレガントな指で構成された繊細なブラシストロークの使用が明らかになりました。



画像
《 マギの礼拝 ルカ・ディ・トムシ 旧来の神々しい聖母子です 》

 ルカ・ディ・トムシは、1330年シエナ出身のイタリアの画家です。コントラストをはっきり、平板的に描きます。



画像
《 携帯型架刑祭壇画 ローレンツ・ヴェネチアーノ 1375年 3枚式 多彩な場面が見える 》

 携帯型架刑祭壇画は、中央は架刑、左は、聖杯の天使、スティグマタを受けている聖フランチェスコなど、右は、受胎告知の聖母、キリストの洗礼などです。 ロレンツォ・ヴェネツィアーノは、14世紀後半にヴェネツィアで重要な画家でした。



画像
《 聖母子三部作 匿名ベネチア人 見つめ合う視線は合っています 》

 画家は、中世においては職人で、職業画家でした。請われて描くことが基本行動でした。



画像
《 聖母子と聖人、2天使 マグダレナのマスター 1290年 服が立体的です 》

 マグダレナのマスターは、13世紀の後半に活躍しました。均質な絵を描く多数から、人や場面に応じて描きました。   



画像
《 受胎告知の聖母 匿名シェナ人 1380年 もう妊娠していそう 》

 シェナ派は、自然主義的なフィレンツェ派の絵とは異なる、神秘主義的な傾向が見受けられます。



画像
《 受胎告知の聖母 匿名シェナ人 親しみ深いです 》

<評価 55クラス>
 女性の肖像を描いたカスパルネッツェルは、オランダから19歳の時にイタリアへ修行に行き非凡な才能が開花し非常に美しい絵を描きます。彼の肖像画が美しい仕上げになるということで高価で買われ生計を立てます。特に、光沢のあるサテンのドレスを身につけた女性像です。彼女たちは繊細な下絵、輝かんばかりの正しい彩色、そして心地いい陰影の中に描かれています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

見る  光沢と繊細 女性を美しく仕上げるネッツェルの肖像画 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる