環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く 水上都市イタリア・ヴェネチアの象徴 内装が豪華なゴンドラ

<<   作成日時 : 2017/07/27 13:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 水上都市イタリア・ヴェネチアの象徴 内装が豪華なゴンドラ 
 ヴェネツィア - ミラノ線サンタ・ルチア駅徒歩20分 2016年9月21日(水) 歩く
 リアルト橋、ヴェネチア、イタリア


画像
《 特別豪華なゴンドラ 雨が降ると構内の待避所で休みます 16.9.21撮影 》

 ゴンドラは、伝統的手漕ぎボートで、もちろんヴェネチアの象徴ですが、あまり他の国で見たことはありません。



画像
《 水路が多すぎて船が必要手段と理解できます 》

 何世紀にもわたって、ヴェネツィアでの主な交通手段であり続けました。



画像
《 ゴンドラの人と視線が合うと会話が生まれます 》

 定員は1隻6名で、1隻あたりで料金が決まります。



画像
《 カンツォーネを謳う 地域一帯に大きく聞こえます 》

 内装が豪華。船の色は法律で黒に統一されたが、独特の深紅や金色で椅子やクッションが飾られています。



画像
《 観光以外の物流や交通手段に水上ボートが使われます 》

 ゴンドラは、実は非対称。漕ぎ手のゴンドリエーレが後方左側に乗るので、乗った時にバランスが取れるよう左舷が25cm程度長い。



画像
《  最新のボートは早いので飛ぶように進みます 》

 ゴンドリエーレは、片方だけのオールで漕いで進み、日本の川船のように川底をつついて進むわけではない。



画像
《 ボーダー柄のゴンドリエーレが左に乗り漕ぎます 》

 服装は白黒を基調としたボーダーシャツと黒パンツと決まっています。



画像
《 互いにぶつけると大変なので気を使うようです 》

<評価 65クラス>
 ゴンドラの飾りも決まっています。先端にある鉄でできた羽根のような薄い板をフェッロといいます。船首飾りで上部は総督の帽子、下部は6個の地区を表します。ペッティは、船体の両サイドの飾りで、天使や海神の像が可愛らしいです。他に一輪挿しや人形、旗などあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く 水上都市イタリア・ヴェネチアの象徴 内装が豪華なゴンドラ 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる