環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 見る フランス王ルイ14世の妻と王子と母 ヴェルサイユ宮殿の肖像画

<<   作成日時 : 2017/07/03 13:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 フランス王ルイ14世の妻と王子と母 ヴェルサイユ宮殿の肖像画
 RER C線ヴェルサイユリブゴーシュ駅徒歩10分 2015年9月26日(土)見る
 Place d'Armes, 78000 ヴェルサイユ, フランス
 ヴェルサイユ宮殿内
 入場料 15ユーロ
 1682年建築


画像
《 アンヌ・ドートリッシュとオーストリアのマリアメテレジア、王子 1664年 15.9.26撮影 》

 女3人が描かれています。左側がアンヌ・ドートリッシュで、ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母です。右側がマリー・テレーズ・ドートリッシュで、ルイ14世の妻です。王子はドーファン、イルカともいう。



画像
《 冬 1679年 ジラルドン ハードマッスルな老人です 》

 ジラルドンは、1628年フランス・トロワ生まれの彫刻師です。この大理石製の彫像のほかに、テラコッタの小像も作りました。
 


画像
《 ヨーロッパ ピア・マゼライン 1679年 左足が良い 》

 ピア・マゼラインは、1663年ルーアン生まれの彫刻家です。宮庭の彫刻も作りました。



画像
《 天地創造を思わせる天井画 上下に別れて下界は不遇です 》

 天地創造を思わせる天井画といえば、システィーナ礼拝堂のミケランジェロです。創世記のエピソードから天地創造、アダムとイヴ、失楽園など9点のフレスコ画が描かれています。



画像
《 鳥の翼を持った天使 顔が乗ると怖いです 》

 天使には、一般に翼があり、場合によっては頭に光輪があります。天使は神の使いであって、翼は自由の象徴、光輪は尊いものを表すのでしょう。



画像
《 チュイルリー宮殿の前で 1662年 チュイルリーで盛大です 》

 チュイルリー宮殿の前で行われた馬術ショーの模様です。ルイ14世が出席し盛大に行われました。



画像
《 ルイ14世のゴブラン訪問 1667年 工場はごった返します 》

 絵は、ルイ14世が1667年10月15日にゴブランという手工場を訪問ときの歓迎風景です。



画像
《 ヴェルサイユ宮殿の庭園 1678年 噴水が大きかったです 》

<評価 55クラス>
 ルイ13世の王妃アンヌ・ドートリッシュは、父はスペイン王フェリペ3世、母は同族でオーストリア大公カール2世の娘マルガレーテという絶世の家柄でしたが、絵よりはきつい性格で、ルイ13世とは不仲でした。やっとできた子が太陽王ルイ14世です。72年間王位にいました。ルイ14世王妃マリー・テレーズは、不仲であり、国王公妾であった金髪に青い瞳の豊満な美女、快活で才気があり、優れた話術と機知と辛辣なユーモアを持つモンテスパン侯爵夫人フランソワーズ・アテナイスに惹かれました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

見る フランス王ルイ14世の妻と王子と母 ヴェルサイユ宮殿の肖像画 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる