環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く ロドリーゴの名曲の舞台 優雅な宮廷都市のアランフェス王宮

<<   作成日時 : 2017/07/02 16:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ロドリーゴの名曲の舞台 優雅な宮廷都市のアランフェス王宮
 RER線アランフェス駅徒歩7分 2016年5月8日(日)歩く
 Avenida del Palacio アランフェス、マドリード、スペイン
 世界遺産
 18世紀建築


画像
《 王宮の回廊は現在レストラン 優雅な名曲です 16.5.8撮影 》

 1561年、当時のサンティアゴ騎士団長が所有していた宮殿の跡地に、フェリペ2世によって建設が命じられました。



画像
《 アランフェス駅に続く長い道 右が入り口です 》

 南塔と礼拝堂の建設が行われたが、王宮の建設が始まったのは17世紀半ばです。



画像
《 マドリード王宮の紋章 双獅子です 》

 宮殿の完成は18世紀に入ってからでした。その後、拡張が行われましたが、たび重なる火事に見舞われ、何度も修復を繰り返しました。



画像
《 中庭からの本宮への扉 彫った木製で軽いです 》

 現在の王宮は1778年に修復されたもので、バロック様式とルネサンス様式が調和した美しい建物となりました。



画像
《 王宮中庭 アンダルシア調の枯れた雰囲気です 》

 宮殿の完成とともに、18世紀のフェルナンド6世によってアランフエスが誕生しましたが、当時住んでいたのは宮廷関係者だけでした。



画像
《 中庭はコンクリート接着の石砂利 模様を付けます 》

 タホ川に沿って、彫像のあるバルテレ庭園、噴水が配置されたイスラム庭園、英国式の王子の庭園など、多彩な庭園があります。



画像
《 本宮 頂部の各層の形や人がたはルネサンス様式です 》

 1851年、スペインで2番目となる鉄道がマドリード=アランフエス間に開通し、マドリードの近郊都市として産業が発展しました。現在、人口6万人で増加しています。



画像
《 愛嬌のある獅子 獅子は戦闘士との見世物にもなった 》

<評価 65クラス>
 アランフェス王宮は、ロドリーゴ作曲のアランフェス協奏曲で有名です。スペインの作曲家ホアキン・ロドリーゴのギターと管弦楽のための協奏曲です。原題《Concierto de Aranjuez》。スペイン内戦で被害を受けた古都アランフェスを思って作曲されたロドリーゴの代表作です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く ロドリーゴの名曲の舞台 優雅な宮廷都市のアランフェス王宮 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる