環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く マドリード王宮の大階段の見返りのライオン

<<   作成日時 : 2017/07/13 09:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 マドリード王宮の大階段の見返りのライオン
 マドリード地下鉄2号線オペラ駅徒歩5分 2016年5月9日(月)
 Calle de Bailén, s/n, 28071 マドリード, スペイン
 入館料10ユーロ
 1755年建築 


画像
《 これだけ見返るライオンも珍しい 16.5.9撮影 》

 宮殿に入ってすぐが大理石の大階段です。



画像
《 こちら呆然 2頭は踊り場の手摺の台に鎮座します 》

 正面のニッチと吹き抜けの天井に美しい天井画です。



画像
《 正面が豪華 これだけ円を重ねた装飾は中東的です 》

 部屋は全部で2,800間以上といわれ、柱の間は柱が目立つように張り出しながら並び、中央にカルロス5世像、ルーベンスのタペストリーが飾られています。



画像
《 聖母マリアが獅子を従えイエス、ヨゼフとくつろぎます 》

 玉座の間は、王と王妃の玉座があります。イスパニア帝国の世界征服の天井画、ヴェネツィアングラスの豪華なシャンデリアがあります。



画像
《 円をこれだけ取り入れるのも建築的には高度で困難でしょう 》

 ガスパリーニの間は、3部屋続きになっているカルロス3世の部屋。絹のサテンに金糸銀糸の刺繍の壁、重厚なモザイク机が見事です。



画像
《 照明はすべてシャンデリア的 良いデザインです 》

 饗宴の間は、150人を収容する大食堂。3つの天井画があり、中央がベラスケスのコロンブスです。



画像
《 天使が手から豊かさの豊穣を手品のように出しています 》

 王室礼拝堂は、ジャックイントの天井画・聖母載冠やフランシスコ・バイユーの聖ミカエルがあります。



画像
《 照明 シャンデリアはすべてデザインを変えているという 》

<評価 70クラス>
 王宮の珍しい部屋に磁器の間があります。壁一面にぎっしり磁器が取り付けられたユニークなインテリアです。壁紙のように貼り付けて飾られていて、全体に緑色の落ち着いた雰囲気です。中央には地球を頭の上に抱えたヘラクレス像が置いてあり、中国や中東、そして世界を感じさせる部屋です。かつて国王が着替えをする時に使った部屋と言われています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く マドリード王宮の大階段の見返りのライオン 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる