環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 散策 波の打ち寄せる形 ひろしんの広島ビックウェーブ

<<   作成日時 : 2017/07/11 09:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 波の打ち寄せる形 ひろしんの広島ビックウェーブ 
 アストラムライン牛田駅徒歩3分 2017年1月1日(日)散策
 広島市総合屋内プール
 広島市東区牛田新町一丁目8番3号
 鉄筋コンクリート造
 地上2階地下1階
 平成3年建築
 スケートリンク1,520円


画像
《 ビッグウェーブの大波を模した屋根型です 17.1.1撮影 》

 屋内総合スポーツ施設ですが、愛称の広島ビッグウェーブが知られています。



画像
《 アーケードの屋根 ガレリアのように明るい 》

 一般には、夏季はプール、冬季はアイススケート場です。



画像
《 窓がクジラの体型を連想させます 》

 1991年の広島アジア大会水泳メイン会場として建てられました。



画像
《 自転車置場はの開口部が3段式で同じ形です 》

 プールの場合、飛び込みプールがあります。



画像
《 入り口ホール 外壁と同じ光沢のあるようなタイル 》

 水泳の強い県は、国体では東京都、2 番目は埼玉県、3 番目は神奈川県です。



画像
《 入り口側の横向きとはまったく違う意匠 兜形です 》

 プールは、540円で、スケートは、1,560円です。約3倍スケートのが高いです。



画像
《  鏡面タイプの窓ガラスが多用される外壁です 》

 2016年7月より命名権制が導入され、広島信用金庫が獲得しひろしんビッグウェーブ。



画像
《 不思議なことにT字形だけに鏡面を使っています 》

<評価 60クラス>
 命名権は、人間や事物、施設、キャラクターなどに対して命名することができる権利です。科学においては、従来から当然のように、発見者が元素や天体、生物の学名の命名権を持ちました。近年は、ビジネスとしてスポーツ、文化施設等の名称に企業名を付けることが確立しました。日本では、特に施設命名権をネーミングライツ(Naming rights)と呼ぶことが多い。地方自治法において命名権売却は財産の処分にあたらないため、議会での議決は必要ないという利便性があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

散策 波の打ち寄せる形 ひろしんの広島ビックウェーブ 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる