環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩 珍しい古代マヤ・インカ装飾を入れたアールデコ調 芝川ビル

<<   作成日時 : 2017/07/07 09:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 珍しい古代マヤ・インカ装飾を入れたアールデコ調 芝川ビル
 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅徒歩5分 2017年1月2日(月)散歩
 大阪府大阪市中央区伏見町3-3-3
 国登録有形文化財
 鉄筋コンクリート造地上4階地下1階建
 昭和2年建築


画像
《 隅をアーチにし遺跡のようなファサードを持つ 17.1.2撮影 》

 御堂筋から東に入ったブロックの北西隅に建ちます。



画像
《 当時珍しいインカ模様 四角の渦巻きが雷文のよう 》

 腰を竜山石、上部はスクラッチタイル貼とし,3階軒部にスパニッシュ瓦を葺いています。



画像
《 入り口から入るのがはばかられる厚みのある重層です 》

 古代マヤ・インカの細部装飾を採入れたアールデコ建築です。



画像
《 スクラッチタイルは良いが四角意匠だけでは古そうです 》

 設計は基本と構造設計が渋谷五郎で、意匠が本間乙彦です。



画像
《 1階部分は石の削れ 弱いのか車のぶつかりかな 》

 渋谷五郎は、長尾勝馬と共著で、日本建築という上下巻を執筆しています。



画像
《 石との隙間に扉の蝶番 換気用の扉になっていそうです 》

 本間乙彦は、明治25年兵庫県出身の建築家です。



画像
《 インカ遺跡のような石の塊 詰め込み過ぎで重々しい 》

 芝川ビルは、共同設計ながら、二人の代表作になりました。



画像
《 中央の四角い立体形は魔除けの顔でしょう 》

<評価 70クラス>
 芝川家は江戸時代に唐物貿易の豪商として知られ、4代目当主が関東大震災から火事・地震に強い建物を建てることを決心しました。竜山石を用いたマヤ・インカ文明を思わせる装飾が施されているのが特徴です。竜山石(たつやまいし)は、兵庫県高砂市伊保町竜山の産出です。淡緑色あるいは淡黄褐色の流紋岩質凝灰岩で、耐火性に富み、風化しにくい。石材は、一般に産出地の名を付けるようです。御影石は、神戸市の御影。大谷石は、栃木県宇都宮市の大谷。大理石さえも中国雲南省の大理です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

散歩 珍しい古代マヤ・インカ装飾を入れたアールデコ調 芝川ビル 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる