環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く アランフェス王宮 金箔を貼った木彫りの王家の小舟

<<   作成日時 : 2017/06/03 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 アランフェス王宮 金箔を貼った木彫りの王家の小舟
 国鉄近郊線アランフェス駅徒歩25分 2016年5月8日(日)歩く
 Lugar Jardin Del Principe, アランフェス、マドリード、スペイン
 王家の小舟博物館
 入館料9ユーロ
 木造平屋建て
 1963年建築


画像
《 フェリペ5世の金箔の豪華なゴンドラ船です 16.5.8撮影 》

 アランフェス王宮周辺の緑地に沿うように、タホ川が流れています。



画像
《 緑の幌のような屋根の付いた大型船もあります 》

 タホ川の船着き場近くに、博物館は建てられました。



画像
《 博物館入口 すぐ後ろはタホ川の船着き場です 》

 王族は、タホ川での舟遊びを優雅に楽しんだのでしょう。



画像
《 建物は53年前ですが全面ガラス張りです 》

 タホ川は、マドリードのあるイベリア半島中央部から西に向かって大西洋に流れる河川です。長さはイベリア半島最長です。



画像
《 スペイン調の丸瓦 中央はタホ川の土手です 》

 チャールズ2世、フェルナンド7世、エリザベル2世など有名な王がゴンドラ船に乗りました。



画像
《 船の安全運航のためか女神の守護神です 》

 ベッドの天蓋のような日よけが付いた舟や、儀礼の大砲を乗せた船がありました。



画像
《 天使や主神をコテコテに飾ったバロック様式とのこと 》

<評価 55クラス>
 この小舟博物館から2kmほど東南東に行ったところに、農夫の家があります。王宮を含む広大な緑地の中にあり、王族たちが客人を呼び狩猟やビリヤードを楽しむための贅を尽くした別荘でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く アランフェス王宮 金箔を貼った木彫りの王家の小舟 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる