環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 見る 印象派の巨匠ルノアール 豊潤な女性的な色彩の絵

<<   作成日時 : 2017/06/01 15:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 印象派の巨匠ルノアール 豊潤な女性的な色彩の絵 
 パリ地下鉄コンコルド駅徒歩5分 2015年9月28日(月)見る
 オランジェリー美術館
 Jardin Tuileries, 75001 パリ、フランス
 入館料9ユーロ


画像
《 ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル 15.9.28撮影 》

 交友のあった画家であり収集家のアンリ・ルロルの2人の娘イヴォンヌとクリスティーヌをモデルに、裕福な富裕層で流行したピアノを弾く姿を描きました。




画像
《 ピエロ姿のクロード・ルノアール 1909年 赤と白の見事な対比です 》

 ピエロ姿のクロード・ルノアールは、オーギュストの3人の息子の末っ子です。好色なオーギュストには、ほかにモデルの愛人との間に3人の隠し子がいます。



画像
《 肘をつく女 1917年 腕の太さに苦悩が現れています 》

 肘をつく女は、女性の美しさを歌い上げました。彼自身、女性を描くなら、思わず抱きしめたくなるような女性を描きたいと言っています。



画像
《 帽子を持つ女性 1919年頃 美人でない豊満が得意です 》

 帽子を持つ女性は、印象となる黄色い帽子はリボンとピンクがアクセントになっています。



画像
《 入浴者の足を拭く座 1914年 裸体の赤・ピンクが扇情的です 》

 入浴者の足を拭く座は、背景が緑と茶色によって支配され、彼女が座るカーテンや彼女の裸体は、赤、ピンクと白で表現されています。



画像
《 リクライニングヌード(ガブリエル)1907年 人懐っこいです 》

 リクライニングヌードは、女性の裸体を賛美する視線がよく分かります。この美しい裸体の姿勢は、ティツィアーノのルネサンス後半、ルーベンス、ゴヤ、マネらと共通します。



画像
《 バラとブロンド 1917年 晩年近くほど豊満が好きになります 》

 バラとブロンドは、最晩年の2年前に最新の若いモデル・カトリーヌ・エスランを描いています。



画像
《 チューリップの花束 1910年 背景も葉脈も同じように丁寧 》

<評価 65クラス>
 ルノアールは印象派の巨匠で多作で知られ、ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル作の以前にも、ピアノを弾く娘をテーマに代表作ピアノに寄る娘たちなどを描いています。 豊潤で官能的な裸婦や、明瞭で多様な色彩で流動的に描いたことから、女性的と評されることもありました。日本人に人気です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

見る 印象派の巨匠ルノアール 豊潤な女性的な色彩の絵 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる