環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩く 修道士のチャペル カラフルなロマネスク様式のフレスコ画

<<   作成日時 : 2017/06/14 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 修道士のチャペル カラフルなロマネスク様式のフレスコ画 
 パリメトロ6号線トロカド駅徒歩1分 2015年9月27日(日)歩く
 1 Place du Trocadero et du 11 Novembre, 75116 パリ、フランス
 国立建築文化財博物館
 入場料5ユーロ


画像
《 ベルゼ・ラ・ビラ 修道士のチャペル 復元したい 15.9.27撮影 》

 石で組み立てたロマネスク様式の修道院です。アーチ型の壁を覆うフレスコ画です。



画像
《 コンクのサント=フォワ修道院 密集しています 》

 世界遺産の巡礼路の1つとして、サント=フォワ修道院とドゥルドゥ川に架かる橋が登録されています。サント=フォワ修道院はロマネスク様式の建築です。



画像
《 中央で両手を広げてダンス・パフォーマンスです 》

 ロマネスク様式は、中世西ヨーロッパにおけるゴシック以前の建築です。



画像
《 中央本館から足のように側室が伸びます 》

 修道院や教会に多い。



画像
《 クリュニー修道院遺構 人間美を謳っています 》

 クリュニー修道院は、フランス・ブルゴーニュのクリュニーにあります。高名な修道院長を輩出し、3期に渡って工事が行われ、最終的な聖堂の大きさは長さ190メートル、高さが約40メートルという巨大なものであった。



画像
《 アミアン大聖堂 聖人像が10数体精巧に彫られています 》

 アミアン大聖堂は、フランスの北部都市アミアンにあるカトリック教会でノートルダム大聖堂とも言います。



画像宮殿 シャトーの女神像 イエスがマリアの手に乗ります
《 宮殿 シャトーの女神像 イエスがマリアの手に乗ります 》

  シャトーは、王族や貴族の住居で、宮殿とされることが多い。シャトーは城と約されるが、城壁の有無は関係ない。 


画像
《 善と悪の木 16世紀 木の中に埋もれています 》

  善と悪の木は、ルーアンのノートルダム大聖堂にあります。

<評価 55クラス>
 ロマネスク様式は、ロワール川の南北で特徴が分かれ、以北では、初期ビザンティン建築と同様に、教会堂の形式としてバシリカが採用されたが、角柱に支持された分厚い石の壁で覆われた空間が好まれた。壁面をモザイクとして物質性を否定するような初期キリスト教のバシリカとの関係性はほとんどないと言える。ロワール川以南では、ヴォールト天井を備えた単廊式教会堂が多く建設され、後に広間式教会堂と呼ばれる形式が発展した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

歩く 修道士のチャペル カラフルなロマネスク様式のフレスコ画 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる