環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 見る イタリア・ルネッサンス期に発祥した白地にカラフルなマヨルカ焼き

<<   作成日時 : 2017/05/27 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 イタリア・ルネッサンス期に発祥した白地にカラフルなマヨルカ焼き
 サンタマリア・ノベッラ駅 徒歩5分 2015年5月8日(金)見る
 Piazza di Madonna degli Aldobrandini, 6, 50123 フイレンツェ, イタリア
 メディチ家博物館
 入場料6ユーロ
              


画像
《 モンテルーポ 皿 16世紀後半〜17世紀 アントニオ・コンティ 15.5.8撮影 》

 マヨリカ焼きは、ルネッサンス期に発祥した錫釉陶器です。ヴィテルボは、イタリア共和国のラツィオ州北西部の都市です。



画像
《 アルト・ラツィオ 皿 1596年 おちゃめな顔が好まれたのでしょう 》

 アックアペンデンテは、ラツィオ県にある都市です。



画像
《 皿 アントニオ・コンティ 1886年 笛を吹く足が女のようです 》

 ヨリカ焼き。モンテル−ポは、フィレンツェの郊外にある村です。中世以来、手作りのトスカーナ陶器の最も重要な中心地でした。土壌は質の良い粘土で非常に豊富だからです。



画像
《 皿 ヴィテルボ 16世紀 女性の顔も縁取りも素朴です 》

 ラツィオ州ヴィテルボは、ザッフェラと呼ばれる美しい藍色染料を用いた陶器を製造しています。



画像
《 トスカーナ 18世紀 バソコンチン リヌッチーニ 家紋です 》

 リヌッチーニは、メディチ家の家紋のことです。



画像
《 ファエンツァ、フランチェスコ 1556年 後ろが怪しいです 》

 絵は、画家のアントニオ・ロマニーノ。ロマニーノは、1484年ロンバルディア州ブレシア生まれの画家です。
 



画像
《 ウルビーノ 1560年 セインツピーターとポールの殉教と料理 》

 マヨリカ焼き。天皇ジュリアンの前で、という題の絵です。



画像
《 ウルビーノ 1560年 円形皿 橋の上での戦い 》

  マヨリカ焼き。スブリチオの橋の上で、オラツィオの兵がエトルリア人と武具を付けて激しく戦っている様子です。ウルビーノは、ラファエロの出身地で、歴史地区は世界遺産です。

<評価 60クラス>
 マヨリカ焼きは、錫釉薬によって真っ白で不透明な表面を生み出し、鮮やかな彩色を施した陶器です。マヨリカはもちろん、マヨリカ島の地名です。イタリアは古くから、白い表面を作る錫釉のラスター彩が有名ですが、ラスター彩が落ち着いた茶色っぽい金彩だったのに対し、マヨリカは白地にパステル調の赤・黃・緑のペイントを施しています。フィレンツェ周辺が産地で、モンテル−ポ、 ウルビーノ
などです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

見る イタリア・ルネッサンス期に発祥した白地にカラフルなマヨルカ焼き 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる