環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩 世界最大級のゴシック建築 広い大きいミラノドーモ

<<   作成日時 : 2015/06/26 07:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界最大級のゴシック建築 広い大きいミラノドーモ
 ミラノ地下鉄M1線ドーモ駅徒歩1分 2015年5月9日(土)散歩
 Zona 1,ミラノ,イタリアPiazza Duomo
 入場料7ユーロ
 大理石大聖堂
 1813年完成



画像
《 本体の前にとがった尖塔が天を突く巨大大理石 15.5.9撮影 》

 ミラノのドゥオーモは世界最大級のゴシック建築です。



画像
《 正面入り口のアーチ形ペディメントは導く様子だ 》

 5世紀もの歳月をかけて多くの芸術家によって完成されました。



画像
《 尖塔形の窓の中に他にない意匠の回旋や3連の尖塔 》

 ドゥオーモには135本の尖塔があり尖塔の天辺には一つ一つに聖人が立っています。



画像
《 荘厳さを高める山形の薄い板 内部を守る垣根のようだ 》

 一番高い位置に金のマリア像が輝いていています。



画像
《 正面扉に明らかにキリストだが、足が銅なのは磨かれたせいか 》

 階段またはエレベータによって聖堂の上に登ることができます。



画像
《 大理石を彫り込み象牙のような凝った装飾になっている 》

 宗教改革による中断を経て最初の石が置かれてから約500年後の1813年に完成しました。



画像
《 左側が駅正面 近づくにつれ圧倒的なボリュームに驚く 》

 宗教改革は、近代国家の誕生とともに、各国は経済的な理由から自国の富がバチカンに流れることを可とせず、ローマと絶縁することを積極的に後押しした。



画像
《 裏側に回ると正面とは違った張り出しがあり個性的な面を見せる 》

<評価 95クラス>
 ゴシック建築は、12世紀後半から花開いたフランスを発祥とする建築様式です。最も初期の建築は、パリ近くのサン=ドニ大修道院教会堂に現存します。イギリス、イタリア、ドイツ、ポーランドなどの広範囲に伝播しました。
 ゴシックという呼称は、もともと蔑称(べっしょう)です。ルネサンス前の中世の芸術を粗野で野蛮なものとみなすためにドイツ風のあるいはゴート風のと呼んだことに由来します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

散歩 世界最大級のゴシック建築 広い大きいミラノドーモ 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる