環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩 中世地中海の雰囲気で楽しむ ディズニーシー

<<   作成日時 : 2009/06/04 23:14   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 中世地中海の雰囲気で楽しむ ディズニーシー
 JR京葉線舞浜駅徒歩20分 2009年5月30日(土)散歩
 入場料5,800円
 開設1993年

 ディズニーシーは、当初、映画スタジオ系のテーマパークを建設する予定であった。


画像
《 入口すぐにある地球は噴水の中に浮いているよう シンボリックに回る 09.5.30撮影 》

 しかしマーケティングの結果、日本では映画文化に馴染みがないという判断から、世界のディズニーパークで初めて海をテーマにした施設に変更された。



画像
《 中世地中海にいるような落ち着いた雰囲気 ゴンドラの乗員が多いのが残念 》

 園内はコンセプトごとにテーマポートと呼ぶ7つのエリアに分かれ、テーマに合わせたアトラクションやレストランが置かれている。



画像
《 クラシック船を見たいが下まで遠いから大変 修理中のように見える 》

 TDLとは異なり、ビールやワインなどのアルコール飲料の販売があるなど、客層を大人も視野に入れた設定にしている。



画像
《 南仏のハーバーという感じ アンニュイな雰囲気でねむい 》

 ミッキーマウスを始めとする著名なディズニーキャラクターの他、リトル・マーメイドやアラジンなど、TDSのコンセプトに沿ったディズニーキャラクターの出迎えがある。



画像
《 海底2万マイル 小型潜水艇で映画の主人公になったよう 》

 なお、ミッキーやその仲間たちは、居住場所がTDLのトゥーンタウンになっているため、TDSは親善大使という形で出演している。そのため、キャラクターに会う確率は、TDLのほうが高くなっている。



画像
《 センターオブジアースは地底探検 真っ暗で見えない場合も多い 》

<7つのテーマポートエリア>
1  メディテレーニアンハーバー
 南ヨーロッパの港町をテーマとしている。



画像
《 港を見るとホッとする 船乗りになった気持ちになるのは映画を見たせい 》

2  アメリカンウォーターフロント
 アメリカの港をテーマとしている。実際には、パーク敷地内と東京湾の間には道路や歩道とディズニーリゾートラインの線路などがあるのだが、東京湾のみが見えるように設計されており、借景の効果を得ている。



画像
《 ガウディが造ったグエル公園のような色合い ここだけサイケデリック 》

(1) ニューヨークは20世紀初頭のニューヨークの町並みや港をイメージしたエリア。埠頭には豪華客船・S.S.コロンビア号が停泊しており、このエリアのシンボルになっている。ブロードウェイ,ティン・パン・アレーといったニューヨークに実在する地名を模した造りもある。



画像
《 古代神の石像から煙り コースターで疾走する 》

(2) ケープコッドは、アメリカ北東部マサチューセッツ州に実在する同名の漁村をイメージしたエリア。モデルとなった地域は、ケネディ家の別荘があるなど避暑地として知られる。ここの灯台、ハリケーンポイントライトハウスは夜になると点灯し、素晴しい眺めとなる。



画像
《 レストランの入口も古代の雰囲気で入りやすい 迷路の入口にロマンがある 》

3  ポートディスカバリー
 20世紀初頭のSF小説世界をモチーフにした、未来都市の港をテーマとしている。アメリカンウォーターフロントと同様に東京湾を借景として利用している。



画像
《 ディズニーには外国人歌手のショーも多いがレベルが高くて楽しめる 》

4  ミステリアスアイランド
 フランス名作家ジュール・ヴェルヌのSF小説世界をモチーフにした、1873年の南太平洋の火山島をテーマとしており、ポートディスカバリーと同様レトロフューチャーをモチーフに使用している。



画像
《 古代遺跡の発掘現場もある ガイコツもあってドッキリする 》

 園内のシンボル的存在であるプロメテウス火山はここに存在しており、そこにあるセンター・オブ・ジ・アースはジュール・ヴェルヌの地底旅行を再現しているアトラクション。



画像
《 アーリーアメリカンの西部劇の雰囲気 大草原の小さな家は無理だろう 》

 その他海底二万里に登場する潜水艦・ノーチラス号などが再現されている。



画像
《 映画を思わせるシーンが多い ディズニーらしいマイルドさがよい 》

5  マーメイドラグーン
 映画リトル・マーメイドの世界をモチーフにした、人魚の海底王国をテーマとしている。



画像
《 これだけのセットなら花は少なくていい 映画にないのと同じ 》

(1) アンダー・ザ・シー は、海底世界をイメージした屋内施設のエリア。



画像
《 地層まで細かくよくできている 全体が一様に見えてしまうので起伏を大きくしている 》

(2) アバブ・ザ・シーは、海上/海面世界をイメージした屋外施設のエリア。



画像
《 象徴となるプロメテウス火山 いつもなんとなく煙が出ているように見える 》

6  ロストリバーデルタ
 1930年代の古代文明の遺跡発掘現場をモチーフにした、中央アメリカの熱帯雨林地域をテーマとしている。中央を流れる河によって2つに分断されている。


画像
《 雰囲気ある中世風 中はレストランか休憩室か考えると楽しい 》

7  アラビアンコースト
 映画アラジンに登場する魔人ジーニーが作り出したアラビアンナイトの世界をモチーフにした、中世アラビア文明風の都市をテーマとしている。


画像
《 港の雰囲気で石の建物がたくさん続く 思わず建物の中を知りたくなった 》

 アトラクションは、シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ、マジックランプシアター等がある。


画像
《 大きな雰囲気のある扉がたくさんある 扉はいつも人をドキドキさせる 》

<評価 60クラス>
 ディズニーは細かいところまで作りが良くできている。ディズニーアニメに象徴されるようにコマ数が多くやわらかく丁寧だ。アニメの場合は時としてコマを落として粗く動かすことが迫力・直截さ・感動を生み出す場合がある。手塚治虫がディズニーに対抗してコマ落としで成功したように。しかし、ディズニーシーは一瞬の興奮や感動より、ある程度滞在して感動・満足することに成功している。特に安心感の上に立つエンターテイメントは他に類を見ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

散歩 中世地中海の雰囲気で楽しむ ディズニーシー 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる