環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩 絹織物の伝承 秩父銘仙館

<<   作成日時 : 2009/05/01 07:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 絹織物の伝承 秩父銘仙館
 西武線秩父駅徒歩5分 09年4月25日(土)散歩
 入館料200円 織物に関する資料館。旧埼玉県秩父工業試験場。
 秩父絹織物同業組合が秩父地方の繊維産業の向上と振興を図るため建築し、埼玉県秩父工業試験場を誘致した。


画像
《 旧工業試験場 木造平屋建てで石壁と屋根に雰囲気がある 》

 アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライトが考案した大谷石積みの外装(ロイドが設計した訳ではない)や昭和初期の特徴的な装飾との調和が建築的に非常に優れており、三角屋根の工場棟や渡り廊下も含め、2001年に国の登録有形文化財に登録された。


画像
《 ライトの石積みを少しだけ模した石柱 下から空に立ち上がるプレーリー様式 》

 フランク・ロイド・ライトは、アメリカの建築家。アメリカ大陸と日本に多くの作品を残している。ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に近代建築の三大巨匠と呼ばれる。プレイリースタイル(草原様式 Prairie Style)の作品で知られるようになった。日本では帝国ホテル(1967年取り壊し、正面玄関部分のみが博物館明治村に移築、1923年)、山邑邸 (現 ヨドコウ迎賓館、兵庫県芦屋市)、自由学園明日館などがある。孫娘に、アカデミー賞女優のアン・バクスターがいる。 


画像
《 室内・廊下はダークブラウン色で地域では珍しい擬洋館づくり 》

 絹織物の「秩父銘仙」は、平織りで裏表がないのが特徴で、表が色あせても裏を使って仕立て直しができる利点がある。


画像
《 機織りの自動機械がたくさん並んでいる 工程が多い  》



画像
《 手織りから自動への移行はまず徹底的な手織りのまねから入る 》

 女性の間で手軽なおしゃれ着として明治後期から昭和初期にかけて全国的な人気を誇るようになった。


画像
《 平織りの機織り 若い研修生が美しく織っている途中作品 》



画像
《 まゆ シルクは保湿性がよいので最近では冬用靴下にも使われる 》

 特に独特のほぐし模様が人気を博したといわれている。


画像
《 織機は一般に水平織機と垂直織機にわけられる。》



画像
《 染色にはpHと温度が大きく影響する 》

 また、当時は養蚕業などを含めると市民の約7割が織物関係の仕事にかかわっていたと言われている。


画像
《 染色は型抜きによっても簡単に染めることができる 》

 現在では、ちちぶ銘仙館として、秩父織物・銘仙等の歴史上貴重な史料の展示や伝統的な技術を伝承するための施設として、昭和初期の面影を残した形で改修された。


画像
《 銘仙は大正・昭和の時代に着物で多用され色が渋い 》

 今でも、昔ながらの技は受け継がれており、和服・ざぶとん・小物などが、秩父地方のお土産品として有名である。


画像
《 植物染料はしぶい 派手な色は反応染料だろう 》

<評価 65クラス>
 工業系の試験場は地場産業界が支えている場合が多い。成長期の業界がその時の活況や今後の成長を夢見て建設するので優れて贅沢な場合がある。商業界の社交倶楽部と同じである。一時期とはいえ、当時の意気込み、気概を示す思惑が見られ十分面白い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

散歩 絹織物の伝承 秩父銘仙館 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる