環境カウンセラー【現代研究ブログ】

アクセスカウンタ

zoom RSS  ど迫力と恐怖を身近に感じる吹割の滝 ついでに龍宮の湯

<<   作成日時 : 2008/05/17 23:45   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 ど迫力と恐怖を身近に感じる吹割の滝 ついでに龍宮の湯
 JR上越線沼田駅バス55分 2008年5月5日(月)探検
 群馬県沼田市利根町
 片品渓谷
 昭和11年天然記念物指定


 
画像
《 左上に観光客が小さく見える 巨大な岩にゴウゴウと吸い込まれる 08.5.5撮影 》

 高さ7m、幅30mに及び、豪快に落下、飛散する様から東洋のナイヤガラと言われています。



画像
《 大迫力 滝に吸い込まれそうで立ちすくむ観光客も多い 》

 吹き割りの由来は、凝灰岩、花崗岩の川床上を流れる片品川が、岩質の軟らかい部分を浸蝕し、多数の割れ目が生じ、あたかも巨大な岩を吹き割ったように見えるからとされます。



画像
《 感動 落差のある有名な滝よりはるかに身近に雄大さを感じる 》

 吹割の滝に続く、さまざまな滝の壮絶な景観、そして獅子岩と呼ばれる岩壁群など、独特の渓谷美です。



画像
《 上流は適度な距離の遊歩道なので是非散策したい 》

 約900万年前の火山噴火に伴い発生した大火砕流が冷えて固まったもので、約1万年前より片品川の流れに沿って侵食されて形成されたものです。



画像
《 遊歩道沿いに浮島橋を渡り観音堂に行く GWはにぎやかだ 》


<評価 100クラス >

 吹割の滝は2度目だが、迫力は依然素晴らしい。雪解け水の多い春の時期が絶景です。遠くから見る滝と違い、吸い込まれそうな迫力は十分でした。滝の魅力は高さと思っていたが、ゴウゴウの音に身がすくみ迫力の前に心が洗われました。

 吹割温泉センター・龍宮の湯
 JR上越線沼田駅バス55分吹割の滝徒歩15分 2008年5月5日(月)探訪
 入湯料500円 単純温泉。男女別内風呂と露天風呂、小さなサウナしかない。



画像
《 龍宮の名につられたが、残念ながら施設は古い 》

 龍宮の名の由来は、吹割の滝の滝つぼが昔から龍宮へ通ずるといわれていたためとされます。
 村は、祝儀などの振る舞い事があるたびに、龍宮から膳椀を借りていた。必要になるとお願いの手紙を書いて吹割の滝に投げ込み、渦に巻き込まれて深い龍宮へと吸い込まれていき、前日には頼んだ数の膳椀が傍の岩の上にきちんと置かれていた。三日のうちにお礼の手紙をつけてもとの岩の上に置けばいつの間にか見えなくなり、龍宮へ返された。
 ところがある年のこと、借りた膳椀を返すときに数を間違えて一組だけ返し忘れてしまった。龍宮では貸した膳椀が不足していることを知り、以後いくら丁寧に頼んでも借りられなくなってしまった伝えられる。


画像
《 雰囲気はよかった露天風呂 サウナは狭くぬるい 》

 <評価 35クラス>
 龍宮の湯は道の案内につられて来てしまった。道が狭く立て札があやしかったので秘湯を期待したが、やっとの思いで着いたら町営温泉の雰囲気。改装をしただけのようで施設は古い。龍宮伝説に合わせた改善が必要である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク(50音順)

 ど迫力と恐怖を身近に感じる吹割の滝 ついでに龍宮の湯 環境カウンセラー【現代研究ブログ】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる